【ごごナマ きわめびと】睡眠時無呼吸症候群の治療法!CPAP(シーパップ)

睡眠、眠る

2018年12月28日放送(2019年1月12日)の
「ごごナマ 助けて!きわめびと」は
「ぐっすり眠ってスッキリ起きたい!」

ここでは睡眠時無呼吸症候群について紹介!

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群

ベストセラーの睡眠本
「誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法」の著書。

リズム新横浜 睡眠・呼吸
メディカルケアクリニック院長
白濱龍太郎医師に教えてもらいます。



夫のいびきに悩む女性が、
夫を連れて白濱さんに相談したところ、
「睡眠時無呼吸症候群」が疑われると
いわれました。

睡眠時無呼吸症候群とは、
睡眠中、舌が落ち込んで気道がふさがり、
呼吸が止まってしまうことが
たびたび起こります。

いびきに病気が隠れているかどうかは
器具を使って調べることができます。

器具を使って就寝中の呼吸の深さや回数を
測定すると、重症とされる30回以上の
42回呼吸が止まっていたことが分かりました。

ご主人は治療を開始。
気道に空気を送り込む機械(CACP)をつけて寝ると、
この日はいびきをかかず、熟睡出来たとのこと。

奥様もぐっすり眠れたそうです。

40代になると約4割がかかっていると
いわれています。

睡眠時無呼吸症候群を放っておくと
脳卒中、心不全、高血圧、うつ病などの
リスクが高まります。


睡眠時無呼吸症候群チェックリスト

・いつもいびきをかく(1.5点)

・肥満傾向(1.5点)

・高血圧の薬を飲んでいる(1.5点)

・昼間の眠気で困ることがある(1.5点)

・夜中しばしば目がさめる(1点)

・いくら寝ても疲れがとれない。朝頭痛がする(1点)

・お酒を飲まない日でも就寝時に息が止まる(1点)

3点以上だった場合は
医療機関の受診をお勧めします。



検査と受診の流れ

診察・自宅で簡易検査
  ↓
(軽度~中度)マウスピースで治療
(重症)CPAP(シーパップ)で治療



【ごごナマ きわめびと】ぐっすりストレッチで深睡眠!不眠解消

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ