【世界一受けたい授業】すぐにできる風邪・インフルエンザ予防対策!一流の人は風邪をひかない

スポンサードリンク

マスクの女性

2018年12月29日放送の「世界一受けたい授業」

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?に学ぶ
今すぐできる風邪・インフルエンザ予防対策
の紹介!

スポンサードリンク

一流の人はなぜ風邪をひかないのか

風邪対策を教えてくれるのは
”一流の人はなぜ風邪をひかないのか?”の
著者裴英洙先生。

帰ってきたらすぐにのどのうがいをするのは×

風邪予防のために帰ってきたらすぐに
のどのうがいをするのは×。

実は外から帰ってきた口の中には
多くのウイルスがいるおそれがあります。

その状態でうがいをすると
ウイルスを喉の奥に押し込んでしまう
可能性があるとのこと。

なのでうがいをする前に口をゆすいで
口の中のウイルスを減らすのが
風邪予防のポイント。

うがいの際に声を出すのも良く、
声が震えるということは、
喉の入り口(口蓋垂)まで
届いている証拠。

顔を触る癖がある人は風邪のリスクが高まる

顔を触る癖がある人は、風邪やインフルエンザの
感染リスクが高まると言われています。

目・鼻・口には粘膜があるので、
手についた風邪、インフルエンザのウイルスが
感染する危険性がグンと跳ね上がるのです。

手が触れる場所はウイルスが多いので
冷蔵庫の取っ手やドアノブなどは
アルコール除菌剤で拭いた方がいいとのこと。

スポンサードリンク

また洗面所のタオルも感染の恐れがあります。

外出先では電車のつり革などにも
菌があるとのこと。

市販のアルコールスプレーなどは
ぜひ使ってほしいそうで
手が濡れたままだとアルコール濃度が
薄まってしまうので手が乾いている状態で
アルコール消毒をしてほしいそうです。

風邪の感染リスクの高い場所は?

5人に1人が風邪をひくという、
感染リスクの高い場所があります。

それは飛行機の機内。

飛行機の機内は、多くの乗客がいる上に、
気密性が高く、乾燥もしている空間です。

カナダのビクトリア大学の研究では、
2時間半のフライトをした1100人のうち、
なんと20%が風邪にかかったという結果が
あります。

また新幹線も注意が必要。

咳や唾は前に飛ぶので
後ろの席のほうがいいのだそうです。



のどを潤すために飲み物以外に有効なことは?

先生は喉を潤すために飲み物を飲む以外に
あることが有効だと言います。

それはガムを噛むこと。

ポイントは唾液を出す事です。

唾液で口腔内の乾燥を防ぐことで、
唾液に含まれている殺菌成分が
ウイルスの侵入をブロックする
役割を果たしてくれます。

風邪知識◯×チェック

風邪をひいたら入浴するな。◯?×?




正解は…×

入浴というのは血行をよくし、
体の新陳代謝を促進します。

40度くらいのお湯に10分以内の入浴であれば、
むしろ良い効果が期待できます。

ただし、熱が37度5分以上ある場合は
入浴NG。

さらに急激な温度差に弱い子どもや高齢者、
嘔吐や脱水症状がある場合も
入浴NGです。

高齢者は、風邪をひきやすい。◯?×?




正解は…×

年齢を重ねると、いろんな種類の
ウイルスに対して免疫がつくので、
高齢者は逆に風邪をひきにくい。

もし、高齢者の方が風邪をひいたと思ったら、
別の病気の恐れもあるので注意。



風邪をひいたらビタミンCをとる。◯?×?




正解は…×

現代医学的には、ビタミンCの風邪予防、
回復に対する効果はないといわれています。

ビタミンCをあまり多くとりすぎると、
逆に下痢や胃腸障害を引き起こすことも。

風邪をひいた時に大量にとるのではなくて、
日頃からビタミンCを含めたバランスの良い食事を
とることが1番の風邪予防。

コメントを残す

このページの先頭へ