【シューイチ】浅草・宿六が伝授!おいしいおにぎりの握り方!ミシュラン掲載店

おにぎり

2019年1月6日放送の「サタデープラス」

ミシュランガイド東京2019に選ばれた
浅草・宿六のおにぎりの握り方の紹介!

スポンサードリンク

浅草・宿六

「おにぎり 浅草 宿六」は
昭和29年創業。

東京で一番古いといわれる
おにぎり専門店。

世界で初めておにぎりの専門店として
ミシュランガイド東京2019に
掲載されました。

店主は3代目。

北海道県産のさけ、たらこを始め、
和歌山県産の梅干しなど
おにぎりの具材は日本各地から厳選。

カウンターに並んだ食材から選べます。

宿六の人気ナンバーワンの
おにぎりはダントツで「鮭」


宿六のおにぎりの握り方

1.水で両手をなじませる。

2.手の平に収まる量のご飯をとる。

3.まな板などに置きご飯を軽く広げる。

4.具材を中央にのせる。

5.周りのご飯を手で
ご飯の上にかぶせふんわりさせる
※ご飯粒をつぶさないようにやさしくかぶせる

6.くの字をつくり三角形の形にする。

7.右手の三本の指の先端に
塩を適量つけ、両手でなじませる。

8.⑥を両手で持ち、3回だけ握る。

9.のりをまいてできあがり。

【ポイント】
・ごはんつぶをつぶさない
・にぎるのは3回だけ

握り過ぎないようにする



宿六で使っているお米&海苔

米は、新米の時期に一番よいお米を選び、
そのお米を1年間使い続けているとのこと。

スポンサードリンク

1年ごとに使用するお米は変わるわけですが
現在は糸魚川産コシヒカリを使っているそうです。

さらに羽釜で炊くとおいしいそうです。

底が丸みを帯びていることで
一粒一粒均等に火が通るため
ふっくら炊きあがるとのことです。




海苔は東京湾産(江戸前)を
使用してるとのことです。

♪————————-♪
浅草・宿六
住所:東京都台東区浅草3丁目9−10

浅草・宿六のHP
浅草・宿六
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ