【ZIP】日用品の買い替えどきと長持ちさせる方法!フライパンやタオル

スポンサードリンク

フライパン

2019年1月9日放送の「ZIP」のハテナビ。

さまざまな日用品のプロが
正しい買い替えどきと長持ちさせる方法を伝授。

スポンサードリンク

日用品の正しい買い替えどきと長持ちさせる方法

キッチン用スポンジ

「キッチン用スポンジ」の
買い替えどき。

街の人に聞くと平均は約2ヶ月。

キッチン用スポンジの
買い替えどきを教えてくれるのは
スリーエムジャパンのスポンジ博士こと
原井さん。

正しい買い替えどきは
だいたい1ヶ月ぐらいが目安だ。

毛玉や裂け目があると
汚れ落しの性能が落ちてしまう。

さらに汚れやシミをそのまま放置すると
細菌が繁殖する原因に。

長く衛生的に使うためには
すすぐときに
指の腹で、なで洗うのが
オススメ。

スポンジは接地面をすくなくすると
より乾きやすくなるため
たて置きがオススメ。



フッ素樹脂加工のフライパン

街の人に聞くと買い替えどきの平均は
3年1ヶ月。

買い替えどきを教えてくれるのは
ネットショップ「フライパン倶楽部」を
運営している高津さん。

正しい買い替えどきは
一般的には4年ぐらいと言われているが、
使い方によって大きな違いが出てくるそう。

フッ素樹脂加工のフライパンの
正しい使い方はフライパン調理では
強火は厳禁。
フッ素がコーティングされているものは
中火以下で使うこと。
強火で熱しすぎると
フッ素樹脂加工がはがれやすくなります。
調理前の予熱も中火で30秒から1分が基本



フェイスタオル

街の人に聞くと買い替えどのに平均は
2年3ヶ月。

買い替えどきをおしえてくれるのは
タオルアドバイザーの資格をもつ
杉原さん。

正しい買い替えどきは
素材や使い方、お手入れ方法によって
変わってくるが、
約100回程度洗濯をしたタイミングが
買い替えどきだといいます。

毎日洗濯すると約3ヶ月で
買い替えどきとなります。

タオルをふわふわに保つポイントは
干す前にタオルを両端を持ち、
泳がせるようにふるふる振る。

表面の輪っか状の生地を起こして
乾いた後もふわふわの状態になるとのこと。

コメントを残す

このページの先頭へ