【カンブリア宮殿】錦見鋳造の魔法のフライパンのお取り寄せ!

鉄鍋、フライパン

2019年1月10日放送の「カンブリア宮殿」は
脱下請けで生き残った町工場!
魔法のフライパン感動物語

錦見鋳造の魔法のフライパンに
ついて紹介!

スポンサードリンク

錦見鋳造の魔法のフライパン

渋谷区東急ハンズ渋谷店で、
魔法のフライパンの実演販売が
行われていました。

キャッチコピーは
「いつもの料理が感動の美味しさに」。

鉄の鋳物は底の厚さ5mmが限界とされるが、
魔法のフライパンは1.5mmを実現しています。

製造工程はほとんどが従業員の手作業。

ステンレス製のフライパンと
魔法のフライパンで鶏肉を焼き比べました。

鉄は熱伝導率の違いで同じ時間で
より熱くなります。

サーモグラフィーでみると
魔法のフライパンは36秒で200度に達しましたが、
ステンレス製は2分30秒かかりました。

スポンサードリンク

熱伝導がいいと表面がすばやくやかれ
旨味が閉じ込められます。

さらに炭素が含まれているため
遠赤効果で肉の中心にまで火が通るとのこと。

錦見鋳造は年商2億4000万円で、
7割が魔法のフライパン。

錦見社長は今魔法の中華鍋を開発している
とのことです。



錦見鋳造の魔法のフライパンのお取り寄せ

錦見鋳造の魔法のフライパンは
Amazonさんから購入できます↓

魔法のフライパン 26cm


NISHIKIMI CHUZOU 錦見鋳造株式会社 魔法の北京鍋 27cm

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ