【世界一受けたい授業】ロシアの浮かし漬けのレシピ!ボルシチに

ボルシチ

2019年1月12日放送の「世界一受けたい授業」

料理研究家・荻野恭子先生が教える
おうちでできる世界の料理!

ここではボルシチを作るときの浮かし漬けのレシピの紹介!

スポンサードリンク

荻野恭子先生

おうちでできる世界の絶品料理を教えてくれるのは
「おいしい料理は、すべて旅から教わった」の著者
荻野恭子先生。

荻野先生が20回以上も訪問しているのがロシア。

スポンサードリンク

代表料理の1つがボルシチ。

作るのは大変そうですが、浮かし漬けを使うことで
短時間で作れます。


浮かし漬けのレシピ

ロシアの浮かし漬け

『材料』
水 → 3カップ

粗塩 → 大さじ1

キャベツ → 400g

にんじん →  50g

たまねぎ→ 50g

『作り方』
1.漬け汁を作る。
水に塩を加え、よく混ぜて塩を溶かす。

2.野菜は洗って水気を切り、細切りにする。
熱湯消毒した保存瓶(容量1~1,2ℓ)に入れ、
①を注ぐ。

蓋をのせて1~2日間室温に置く。

※瓶の蓋を少し開け、空気が入るようにしておくと、
発酵が進みすぎるのを防げます。

その後、蓋を閉めて冷蔵庫に保存すれば、
1ヵ月以上持ちます。

これでボルシチを作ると簡単にできます。



ボルシチの作り方はこちら↓
ボルシチのレシピ!浮かし漬けを使って簡単【世界一受けたい授業】




【世界一受けたい授業】渦巻きパイ、アチマのレシピ!トルコ料理

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ