【林先生の初耳学!】妻の理不尽な怒りは母性本能の表れ!共感が大事「妻のトリセツ」

老夫婦、病気、介護

2019年1月20日放送の「林先生が驚く初耳学!」の
初耳 白熱教室

人工知能を研究している
黒川伊保子氏が書いたベストセラー
「妻のトリセツ」の一説。

妻の理不尽な怒りは母性本能の表れについて紹介!

スポンサードリンク

妻の理不尽な怒りは母性本能の表れ

黒川伊保子氏が書いたベストセラー
「妻のトリセツ」の一説。

「妻の理不尽な怒り」について
林修が熱弁を振るいます。

そもそも女性の脳というのは、
言葉をしゃべれない赤ちゃんの気持ちを気配で察し
大切に育てるために、男性よりも
様子・気配を見て察知する能力が高いとのこと

つまり、女性にとって察することは愛の証であり、
それが母性本能なのだという論理に基づいて
書かれています。

一方、男性は気持ち察することが
出来ないことが多いため
「愛が足りない」と思われ

男性側から見た時に
「理不尽な怒り」が飛んでくると
感じるのです。


会話術の黄金ルール

>

例えば妻から「電球が切れている」と言われた時
妻が「自分でやるからいいよ」と言った場合、
どうすればいいでしょうか?

「自分でやる」と言っているので
そのまま任せるという人が多いと思います。

しかし、妻の言葉の本心は
「察して自分からやってよ」
という気持ちなのです。

男性脳には事実の通信線というものしかありません。

しかし、女性脳にはもう1つの通信線があり、
それは心の通信線。

例えばお店に行き、女性たちがファミレスに行き、
デザートを頼むとします。

Aさんが「マンゴーフェアやっている。
マンゴーおいしいわよね」といいます。

BさんCさんも「マンゴーおいしいわよね」と
Aさんの気持ちを否定しません。

では、BさんCさんもマンゴーをたのむかというと
違うものを頼みます。

気持ちは乗っかるけど事実は否定する。

このコミュニケージョンが大事。

なので女性と会話するときは
共感することが必要。

まずは「分かる!分かる!」と共感。

その後に、事実を否定する。

このコミュニケーションを
家庭の中で頑張ることによって、
雷の数を減らすことができるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ