【たけしの家庭の医学】緑茶、ウーロン茶などのお茶のケルセチンで老化をストップ!

緑茶、お茶

2019年1月22日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
全身の老化を止める科。

全身の老化ストップの期待ができる
緑茶などのお茶の紹介!

スポンサードリンク

老化ストップにケルセチン

近年の研究である方法で
全身の老化をストップできることが
判明しました。

南野徹先生によると老化はサビの蓄積。

その量が老化の進み具合を決めている
可能性があるとのこと。

体内のサビを取り去る医学界注目の
老化ストップ成分は「ケルセチン」

ポリフェノールの一種です。

ケルセチンはサビた細胞だけを殺し
正常な細胞は殺さない。

ケルセチンを含む食材は
玉ねぎ、ピーマン、アスパラガス、
サニーレタスなどの野菜や
りんご、いちごなどのベリー類。

南野先生がオススメする接種量は1日100mg。

レタスだと14玉、ピーマンなら30個!

100mgを取るのはなかなか大変。

スポンサードリンク

しかし、南野先生オススメの飲み物なら
3杯で必要量を摂取できるといいます。

それは緑茶などのお茶。

1日3杯のお茶でサビは落とせるか検証

体内に大量のサビが溜まっていることが
発覚した吉田さん。

ルールは緑茶、紅茶、ウーロン茶、煎茶
などのお茶を毎日3杯ずつ飲むだけ。

好みの組み合わせでお茶を摂取し続けました。
そして1週間経過。

血液検査を行うと
検証前→9.26、
今回→4.92

基準値以下となりました。

ポイント

無理なく適量を長期的に摂取すること。

カフェインも含まれるので飲み過ぎには
要注意です。



たけしの家庭の医学

【たけしの家庭の医学】緑茶、ウーロン茶などのお茶のケルセチンで老化をストップ!
【たけしの家庭の医学】太もも伸ばし体操のやり方!1日1分で腰痛が改善!お尻キック検査も
目の老化ストップ食材はブリ!効果的な部位、食べ方は?【たけしの家庭の医学】

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ