【めざましテレビ/ココ調】厚底スニーカーが大ブーム!人気の理由と機能

スニーカー

2019年1月25日放送の「めざましテレビ」のココ調
厚底スニーカーが大ブーム!人気の理由と機能を調査!!

スポンサードリンク

厚底スニーカーが大ブーム

今、街では、厚底スニーカーが空前の大ブーム。

さらに厚底はスポーツでも。

東海大学が大会新記録を打ち立て、
総合初優勝した今年の箱根駅伝。

この大会で話題になったのが、
出場した23校、230人の選手のうちなんと
95人がナイキの厚底スニーカーを
履いていたのでした。

街で厚底スニーカーを履く理由を聞いたところ
多かったのは
「身長が盛れる」
「スタイルが良く見える」
「どんなファッションにも合う」
の3つ。

実際お店の人に聞くと
最近発売されるスニーカーは、
靴底にボリュームがある「厚底」タイプが
ほとんどだと言います。

アディダスでは今後も、厚底スニーカーを
増やしていく予定だという事です。

adidas HYPERSLEEK W アディダス ハイパースリーク ウィメンズ

また厚底スニーカーの厚さがどれだけあるか
街で厚底スニーカーを履いている人50人を調べた結果、
平均の厚さは6.6cmでした。

スポンサードリンク

ちなみにこの日、最高記録の厚さだったのは
何と12cm!

軽い厚底スニーカー

さらに街の人からは、
厚底スニーカーを履く理由についてこんな声も!

「厚底の方が足が疲れないです」

イマドキの厚底は“とにかく軽い”のが特徴。

“厚底で軽い”と言えばナイキ

今年の箱根駅伝で多くの選手が履いていたり、
フルマラソンで大迫選手が日本記録!

キプチョゲ選手が世界記録を出したりと、
次々と新記録をたたき出しています。

その重さは、厚底なのになんと399g
と驚異的な軽さ。

そこでナイキの本社へ。

この軽さはナイキが独自に開発した
『ズームX』という素材からきているとのこと。

航空宇宙工学の技術を参考に作られていて、
柔らかく反発に優れているため
スピードを犠牲にせずランナーの足を
守ってくれるのだそうです。

このズームXに薄いカーボンプレートを
挟みこんだだけのシンプルな厚底。

宇宙でも使えるような軽くて丈夫な素材のため、
片方のソールだけでわずか81g。

さらにその軽量化の波は、原宿の人気店でも。

発売している厚底スニーカーの
そのどれもが500g~700g台と
軽かったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ