【ゲンキの時間】お悩み別みそ汁3品のレシピ!ゲンキ味噌の作り方も

おみそ汁

2019年2月3日放送の
「健康カプセル!ゲンキの時間」は
激ウマみそ汁でお悩み解消

ここではみそ汁の健康効果や
お悩み別みそ汁のレシピの紹介!

スポンサードリンク

味噌とは?

味噌汁は、健康と美容に役立つ日本のソウルフード。

上原博士は高齢者ほど味噌汁を飲むべきといいます。

味噌には、健康維持に欠かせない
必須アミノ酸8種類が含まれています。

他にもビタミンEによる老化防止や
サポニンによる動脈硬化の予防など、
様々な効果が期待できます。

味噌には「米味噌」「麦味噌」「豆味噌」という
3つの味噌があり、
熟成期間によって色が変わります。

3つの味噌の健康効果

「麦味噌」は血糖値を下げたい方にオススメ

「米味噌」は血圧を下げたい方にオススメ

「豆味噌」は骨粗しょう症予防にもオススメ

味噌汁には「合わせ出汁」がオススメ

健康的な味噌汁を作るには出汁も重要。

昆布と鰹節の合わせ出汁がオススメです。

昆布と鰹節の合わせ出汁は、
グルタミン酸とイノシン酸で味に深みが出ます。

昆布の水溶性の食物繊維は糖質の吸収を抑え、
鰹節のペプチドは血圧を下げます。

また、昆布出汁では動物性の具材を使うと良い。


スポンサードリンク

ゲンキ味噌のレシピ

米・麦・豆のいいとこ取り。

それぞれの味噌の健康効果を得られるだけでなく、
旨味成分もUP。

『材料』
米味噌

麦味噌

豆味噌

『作り方』
1.米味噌、麦味噌、豆味噌を
1:1:1の割合で混ぜ合わせるだけ。



お悩み別みそ汁のレシピ

米・麦・豆を混ぜたゲンキ味噌を使った味噌汁。

さば缶とトマトのみそ汁のレシピ

血管若返りに。

だしを取る必要なし。

『材料』(2人分)
ゲンキ味噌→大さじ1

サバ缶→1/2缶

トマト→1/2個

水→300cc

玉ねぎなどお好みの野菜

『作り方』
作り方は放送されなかったのですが、
鍋に水、具材を入れて加熱し
さば缶を入れ、みそをとけばいいと思います。

カレー風味噌汁のレシピ

疲労回復に。

『材料』(2人分)
ゲンキ味噌→大さじ1

豚肉→80g

にんにく(すりおろし)→小さじ1

カレー粉→大さじ2

ごま油→大さじ1/2

出汁(昆布+かつお節)→300cc

お好みの野菜→適量

『作り方』
作り方は放送されませんでした。



チーズケーキ風味噌汁のレシピ

美肌に。

『材料』(2人分)

ゲンキ味噌→大さじ1

酒粕→600g

豆乳→300cc

レモン汁→大さじ3

砂糖→お好みの量

イチゴなどのお好みの果物

『作り方』
1.柔らかくした酒粕と材料を混ぜ合わせる。

2.①に豆乳を少しずつ加える。

3.仕上げにイチゴなどのお好みの果物を
飾ってできあがり。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ