【坂上&指原のつぶれない店】折れたバットの再利用のはしのお取り寄せ!かっとばし

箸置き、茶碗

2019年2月3日放送の「坂上&指原のつぶれない店」
ジャンルが狭すぎる専門店!お客様はどんな人?SP

ここでは折れたバットを再利用の
かっとばしの紹介!

スポンサードリンク

かっとばし

福井県小浜市のはし製造メーカー「兵左衛門」さんが
折れたバットで作っている箸、「かっとばし」。

バットを再利用しようと思ったのは
プロ野球キャンプで折れたバットを
薪代わりに燃やす姿をテレビで見て
もったいないと思ったのがきっかけ。

スポンサードリンク

プロ野球選手が使用したバットも箸になります。

1本の折れたバットから4~5膳の
お箸が作られるとのこと。

1万膳売れればヒットと言われる箸業界で
1年間で8万膳を売上。

もともと折れたバットの再利用で材料費がやすい。

また売上の一部はアオダモの育成活動費にあてると、
エコや社会貢献の面で評価され
プロ野球12球団の他、大学生、社会人チームのバットも
加工できることに。

しかも、プロ野球チームの球場で販売し
お土産として大ヒット。

他にも「ブルぺん」や「すべりこみ(靴べら)」など
の商品も作成しています。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ