【たけしの家庭の医学】腕上げ体操のやり方!食後血糖値を下げて認知症を防ぐ

老夫婦、病気、介護

2019年2月5日放送の「名医とつながる!
たけしの家庭の医学」の
認知症を防ぐ科。

認知症の新原因は「食後の血糖値」?

食後血糖値を下げる腕上げ体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

認知症の新原因

物忘れを引き起こす生活習慣の正体は
食後高血糖。

食後高血糖とは
食事の後に血糖値が
急激に高くなる状態のこと。

主な原因は加齢、早食い
甘い物好きなどの食習慣。

認知症治療の名医 羽生春夫先生によると
食後高血糖が物忘れ、認知症に大きく関わる
といいます。

スポンサードリンク

食後高血糖では毒性のある糖が脳内に沈着しやすく
前頭葉にダメージを与え、作業記憶の喪失が生じます。

食後高血糖を防げれば
物忘れや認知症の予防は期待できるとのこと。

食後血糖値を下げるおすすめの
体操を教えてくれました。

食後の腕上げ体操のやり方

1.壁などに背中肩をつけて立つ。

2.両手を上げて肘を直角に曲げる。

腕上げ体操

3.自分があげられるところまで両腕を上げて行く。

腕上げ体操

4.元の位置まで戻す。

※食後1時間以内に、5分間行うと良いとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ