【ZIP/ふゆナビ】富山の魅力満載旅!割烹しげはま、庄川遊覧船、大牧温泉、汐ぶり

北海道、雪

2019年2月8日放送の「ZIP!」のふゆナビ。

團遥香さんと山下耀子さんが
富山県の海から山までふゆの魅力満載旅。

スポンサードリンク

富山県の海から山までふゆの魅力満載旅

今日は、富山県の海から山までふゆの魅力満載旅。



ひみ番屋街

まずやってきたのは富山県氷見市。
富山湾随一の水揚げを誇る漁業の町で、
港直送の海の幸が揃います。

ひみ番屋街は多くの観光客で賑わう人気のスポット。

氷見が全国に誇る冬の味覚ブリ。

氷見は港からすぐブリの漁場がある上に、
とってすぐ大量の氷水につける沖締めをすることで
鮮度も形も抜群にいい。



割烹しげはま

お邪魔したのは、昭和15年創業の割烹しげはま。

ブリを一本使った鰤コース料理。

ぶり大根は実は富山の郷土料理。

えらは2日かけてキレイに血抜きすることで
唐揚げとして食べられるのだそうです。



庄川遊覧船

その後、一行が訪れたのは砺波市庄川地区。
世界遺産・五箇山合掌造り集落にも近く、
庄川が街の中心を流れるエリア。

ここにはたくさんの外国人観光客が訪れるスポットがある。
アジア圏の人を中心に人気なのが庄川遊覧船。
小牧ダムを出発し約25分の峡谷クルージングを楽しめる。
中でも冬の景色が幻想的だとSNSで話題となっている。

一行はクルージングで雪景色の絶景を堪能。

この庄川遊覧船では景色だけでなく、
船でしか行くことのできない秘湯「大牧温泉」への
定期便にもなっています。


大牧温泉

大牧温泉はダムの建設で村が湖となり
船でしかいけない秘境の一軒家に。

日本百名湯にも選ばれ、雪見露天風呂は格別。

宿の自慢は温泉だけでなく、黒部名水ポークなど
富山県産ポークや山の幸が満載の味噌鍋などの
食事もあります。



珍味の「汐ぶり」

スタジオへのお土産は、珍味の「汐ぶり」。

ブリを塩漬けにし浜風で熟成させたもの。

枡さんらが試食。
「美味しい」「日本酒に合う」などと
いっていました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ