【サタデープラス】しょうが緑茶のレシピ!冷え性にもインフル予防にも

緑茶、お茶

2019年2月9日放送の「サタデープラス」

冷え性にもインフル予防にも!
超簡単“しょうが緑茶”パワー

スポンサードリンク

しょうが緑茶

しょうが緑茶について教えてくれるのは、
医学博士の平柳要先生。






しょうが緑茶の作り方

『材料』
緑茶の茶葉 → 約3g

スポンサードリンク

皮付きしょうが → 約5g

お湯 → 150ml

『作り方』
1.しょうがを皮ごとすりおろす。

2.急須に茶葉を入れる。

3.お湯を沸かし、一度他の容器に移し
80度くらいにする。

4.③のお湯を②の急須に入れてコップに注ぐ。

5.コップにおろし生姜を入れて混ぜればできあがり。


インフルエンザ予防や
冷え症改善の他にも

・血液をサラサラにする

・高血圧や高血糖を改善

・悪玉コレステロールを減らす

などの効果が期待できます。


しょうが緑茶を作るポイント

・皮ごとする
細菌やウィルスを駆除し、
インフルエンザ予防にも効果が
ある殺菌作用をもつ「ジンゲロール」は
皮の部分に多く含まれます。

すりおろしたしょうがは冷蔵庫で
1週間保存可能とのこと。

・お湯は沸騰したものを使用せず80℃以下にする
※エピガロカテキンガレートは、
80℃を越えると壊れてしまうので、
お湯を沸騰させず80℃以下にするのがポイント。

80℃という温度は冷え症にも効果があり、
加熱するとジンゲロールが次第に
ショウガロールという成分に変わって血行を促進し
冷え症改善に役立ちます。

・緑茶の中に生姜を約3g入れる

チューブの生姜を使用する場合は、
他の成分も含まれているので、
生の生姜の1.5倍を入れると良い。


しょうが緑茶の効果的な飲み方

こまめに飲むのがおすすめ。

食事の前後に量は少なくてもよいので
飲むとよい。

1日3回食事をするので
6回は飲むことになります。

食前に飲むと血糖値の上昇を抑え、
食後に飲むと虫歯や歯周病予防など
殺菌作用が期待できます。

先生は外出先にしょうが
パウダー、粉末茶を持参しているそうです。




作り置きできるしょうが緑茶氷の作り方はこちら↓
【サタデープラス】しょうが緑茶氷のレシピ!作り置きでお手軽!料理にも

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ