【ジョブチューン】病気に効果的な食べ物ランキングまとめ!レシピも

医者

2019年2月9日放送の「ジョブチューン」

過去に番組で紹介した「病気×食べ物」の中から
40代~70代が「ぜひ試してみたい!」と選んだものを
ランキング形式で発表!

スポンサードリンク

病気に効果的なランキング!

6位:インフルエンザ×れんこん

リポポリサッカライド(LPS)という成分が
インフルエンザに効果的と注目されています。

LPSは土の中にいる微生物の成分の1つで
根菜に多く含まれます。

1日に必要なLPSの目安は500μgで
レンコンなら100g。

【れんこんすりながし汁のレシピ】

『材料』(2人分)
れんこん→200g

だし汁→500ml

みそ→大さじ1

海苔の佃煮→大さじ2

青ネギの小口切り→大さじ2

『作り方』
1.レンコンは皮をよく洗い薄くスライスする。

2.①をだし汁で色が透き通るまで5分ほど煮る。

3.②と味噌をミキサーに入れ
ペースト状になるまでかくはんする。

4.③を鍋に入れて温め、うまみの素となる
海苔の佃煮を入れればできあがり!

寒い冬にピッタリ。



ちなみに180℃以上で調理すると
LPSが壊れてしまいます。



5位:ひざ痛×しょうが

しょうがは国際変形性関節症学会で発表された
論文にも書かれ、
ヒザの軟骨のすり減りを防げる効果が
期待できます。

しょうがに含まれるジンゲロールという成分が
鎮痛作用や炎症を抑える作用があるとされています。

1日60g摂取すると効果があります。

毎日60gを食べるのは大変ですが
乾燥しょうがなら濃縮されているので、
10分の1の6g程度ですみます。



しょうがの炊き込みご飯のレシピ

しょうがの炊き込みご飯
 
『材料』(4人分)
 しょうが→ 100g

新しょうが→ 20g

米→ 3合

鶏肉→ 100g

油揚げ→ 1枚

だし汁→ 420㏄

みりん→ 大さじ2

酒→ 大さじ3

しょうゆ→ 大さじ3
 
 
『作り方』
 1.炊飯器に米、だし汁、みりん、酒、しょうゆを入れる。
 
2.食べやすい大きさに切った鶏肉、油揚げを入れる。
その上に千切りにしたしょうがをのせて炊く。
 
3.炊きあがったご飯を盛り、
新ショウガの千切りをのせればできがり!
 
生の新ショウガの千切りをのせることで
より香りと食感が楽しめます。
 



4位:血管年齢×ブルーチーズ

この血管年齢を若く保つには
血管内に一酸化窒素が必要で
血管を柔らかくして広げる作用があります。

一酸化窒素を増やすには
LTP(ラクトトリペプチド)を
摂取する必要があります。

これを多く含む食べ物はブルーチーズ。

1日30g食べればよいとのこと。



3位:冷え性×マイタケ

体が冷えると免疫力が低下し、
ガンや動脈硬化を招く危険性もあります。

川嶋朗先生によると
体温が1度下がると免疫力が30%低下する
といいます。





内側から温めることが重要で
体の内側から温めるためには
血流を良くする事が大事。

その効果が期待できる成分は、
ナイアシンとβグルカン。

ナイアシンは血管を広げる効果があり、
βグルカンは血液をサラサラにする効果が
あります。

冷え性改善に効果的な食べ物はマイタケ。

βグルカンも多く含まれていて
ナイアシンとβグルカンを豊富に獲れるので
マイタケが効果的。

1日に100グラム食べると効果的とのことです。



マイタケのレシピ

プラス食材はみょうが。

みょうがの辛み成分のミョガジアールには
血流を良くする働きがあります。

【マイタケとミョウガのかき揚げのレシピ】

『材料』(1人分)

マイタケ→100g

ミョウガ→20g

スポンサードリンク

玉ねぎ→30g

水→適量

天ぷら粉→適量

揚げ油→適量

『作り方』
1.舞茸を細かく裂く。

2.ミョウガと玉ねぎを薄切りにする。

3.天ぷら粉を水で溶き
①と②のマイタケとミョウガ、玉ねぎを混ぜる。

4.180℃の油で2~3分カラッと
揚げればできあがり!

※βグルカンは油で調理すると吸収率がアップ!

また、味噌のような発酵食品は
体温を上げてくれる働きがあるので
おみそ汁の具としてマイタケを入れるのも
おすすめ。



2位:高血圧×ピーナッツ

高血圧に効果的な成分が2つあるとのこと

【①塩分カリウム】
塩分カリウムは、体内の余分な塩分を
外へ出す働きがあります。




【②ポリフェノール】
ポリフェノールは、血管の収縮を抑え
拡張してくれる働きがあります。

塩分カリウムとポリフェノールの2つを
多く含んでる食材がピーナッツです。

カリウムは、
メロンやバナナの2倍ほど含まれます。

ポリフェノールはブルーベリーの
1.5倍も含まれています。

ただ、市販の柿ピーやバタピーではなく、
塩がついてない殻つきや
素炒りのピーナッツを食べます。

目安は1日20粒。

また、ピーナッツは赤い薄皮の部分にポリフェノールが
多く含まれているため、皮ごと食べるのがおすすめ。


ピーナッツのおすすめの食べ方

酢に含まれる酢酸には、血流を改善し
血管を広げる働きがあるため
酢につけるとより効果的。

【酢ピーナッツのレシピ】

『材料』
ピーナッツ→200g

酢→300ml

『作り方』

1.ふた付きの容器ににお酢とピーナッツを入れ
冷蔵庫で寝かせるだけ。

半日でも食べられますが
3~5日後くらいが食べごろです。

お酢は醸造酢ならなんでもいいのですが
りんご酢が甘みが感じられ食べやすいとのことです。



手足ゆらゆらブラブラ運動

渡辺尚彦先生が高血圧に効果的な運動を紹介。

【手足ゆらゆらブラブラ運動】

手と足をゆらゆらぶらぶらとさせるだけ。

筋肉が緩んで血圧が下がります。

1回1分、1日朝、昼、晩の
3回行うのが効果的。



1位:健康長寿×寒天

澤田彰史先生が長野県の健康長寿の
要因の一つになっている食材をぶっちゃけ。

それは寒天 

寒天は食物繊維が大量に含まれていて、
干し柿などよりも多い。

寒天の食物繊維は吸水力が抜群、で1gの寒天で
100倍の100ml以上の水分を吸収します。

水分をたくさん含んだ食物繊維を食べることが
健康にいい。
 
【寒天の健康効果】 
1. 肥満防止
2. 便秘解消
3. 血糖値の急上昇を防ぐ
4. 悪玉コレステロール減少
 
1日約2gが目安。

角寒天だと1本約8gなので
1/4程度でOKです。


寒天のレシピ

寒天のレシピを寒天料理研究家の
小菅陽子さんが紹介。

【具だくさん寒天入り味噌汁のレシピ】

寒天のみそ汁
 
『材料』(2人分)
 角寒天→ 1/2本(4g)

だし汁→ 400㏄

ニンジン→ 25g

キャベツ→ 50g

えのき→ 50g

豆腐→ 70g

味噌→ 大さじ1強
 
『作り方』
1.寒天は表面を洗ってから15分ほど水につけてやわらかく戻し
水気をしっかり絞っておく。
 
2.野菜、豆腐を入れ作った味噌汁を器に盛り、
熱いうちに好みの大きさにちぎった寒天をのせればできあがり!
 



 
【寒天入りご飯のレシピ】
 
『材料』(2合分)
米→ 2合
水→ 400㏄
角寒天→ 1/2本
 
 
『作り方』
 1.いつも通りに炊飯器に米と水を入れる。
 
2.水で戻した寒天をちぎって散らし、
炊くだけ。
 
 
寒天は無味無臭の上、
熱で溶けるのでまったく気にならず、
古くてパサついたお米でももちもちに仕上がります。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ