【男子ごはん】和食4品のレシピ!肉感たっぷり肉じゃが、茶碗蒸し、すまし汁、焼きリンゴ

肉じゃがなど和食

2019年2月10日放送の「男子ごはん」

男子ごはん 肉じゃが、茶碗蒸しなど
バレンタインに作ってあげると喜ばれる
和食4品を紹介!

スポンサードリンク

肉じゃがのレシピ

肉感たっぷり!

『材料』(2人分)
すき焼き用牛肩ロース肉→400g

にんじん→1/2本(100g)

じゃがいも→3~4個(610g)

玉ねぎ→3/4個(150g)

(A)
だし汁→300cc

しょうゆ→大さじ3.5

みりん→大さじ3

酒→大さじ1.5

砂糖→大さじ1.5



絹さや(塩ゆでしたもの)→適量

『作り方』
1.にんじんは3㎝長さに切ってから、
縦4~6等分に切る。

2.じゃがいもは4~6等分に切って
水にさらす。

3.玉ねぎは縦5㎜厚さに切る。
牛肉は食べやすく切る。

4.鍋に(A)を合わせ、にんじん、じゃがいも、
玉ねぎの順に加え、牛肉を広げながらのせる。

クッキングシートで落し蓋をして
強めの中火にかける。

5.ぐつぐつしてきたら肉を返し、再び落し蓋をして
強めの中火で12分煮る。

6.蓋を取って水分を飛ばしながら5分煮る。

器に盛って絹さやを添えればできあがり!


海鮮茶碗蒸しのレシピ

『材料』(2人分)
鶏もも肉→50g

ボイルホタテ→小4個

えび→小4尾

かまぼこ(5mm厚さ)→4切れ(20g)

きんなん(水煮)→8個

三つ葉→適量

(A)
卵→2個

かつおだし(冷ましたもの)→300cc

みりん→大さじ1/2

塩→小さじ1/2

『作り方』
1.鶏肉は1㎝角に切る。
ホタテは水気を拭く。

2.エビは尾を残して殻をむき、
背ワタと尾の汚れを取り除く。
三つ葉は刻む。

3.(A)を泡立てないように静かに混ぜる。

※茶碗蒸しの見た目を気にする場合は
だしを取るときに
ざるの上にクッキングシートしいて
こすとよい。

※卵液を作る時には、卵を加熱しないように
出汁は必ず冷ますことがポイント

4.器に②の卵液をザルにくぐらせながら
半量ずつ入れ、鶏肉、かまぼこ、ぎんなん、
エビ、ホタテを半量ずつ加える。
三つ葉をちらす。器の蓋をする。

5.蒸気の上がった蒸し器に④を入れ、
蓋をして中弱火で15~20分加熱して
できあがり。


なめこと豆腐のすまし汁のレシピ

『材料』(2人分)
ジャンボなめこ→1/2パック

絹豆腐→1/4丁

(A)
かつおだし→600c

みりん→大さじ1

薄口しょうゆ→大さじ1

酒→大さじ1/2

塩→小さじ1/2

『作り方』
1.なめこは石突きを落として小房に分ける。

2.豆腐は水気を切って食べやすく切る。

3.鍋に(A)を煮立て豆腐、なめこを加えて
ひと煮すばできあがり。

※なめこはしんなりするまで火を通し、
煮すぎると美味しくなくなるので注意とのこと。


焼きりんご

『材料』(2人分)
りんご→1個

(A)
バター(室温に戻す)→10g

三温糖→大さじ1.5

レモン汁→小さじ1



黒みつ→適量

『作り方』
1.リンゴは芯をくりぬき、
半分まで十字に切り込みを入れる。

2.(A)をよく混ぜて芯の部分に入れる。
耐熱皿にのせる。

4.180℃に温めたオーブンで20分焼く。

5.器に盛って黒みつをかてできあがり。



男子ごはんの本

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ