ブルべとイエベのセルフ診断方法!メイクや服装に活用できる【あさイチ】

洋服、セーター

2019年2月13日放送の「あさイチ」
服とメイク!オトナの最強 色選び

「ブルベ(ブルーベース)と
イエベ(イエローベース)」の自己診断の仕方や
メイクの色選びについて紹介します。

スポンサードリンク

ブルベとイエベとは?

青みの色が似合う人をブルーベース
略して「ブルべ」。

黄色みの色が似合う人をイエローベース
略して「イエベ」と呼びます。

それぞれに似合う色を身につけると透明感が出たり、
血色がよく見えたりする効果があります。

ブルべとイエベの自己診断

プロが診断し、服やメイクの選び方を教えてくれる
サービスなどがありますが
自分でも簡単に診断できる方法を
教えてくれました。

方法は専門家によってさまざまですが、
今回は5つの質問に答えて、
AとBどちらが多いかで判断するというものです。

【ブルべとイエベの自己診断方法】

5つの質問のA、Bどちらかを選んでください。

1.いつも使っているチークの色は?
A:ローズ系
B:コーラルベージュ系

2.青い服が似合うといわれたことがある?
A:ある
B:ない

3.口紅はどっちが多い?
A:ローズ・レッド系
B:オレンジ・ベージュ系

4.オレンジ色のトップスは?
A:しっくりこない
B:自分に似合う気がする

5.服はどっちが多い?
A:グレーや黒
B:ベージュや茶系

スポンサードリンク

Aが多い人はブルべ、Bが多い人は
イエベの可能性が高いです。

コスメの色選び

チークやリップ、アイシャドーにも
ブルべ向きとイエベ向きがあります。

それぞれ自分にあったものを身につけると、
顔全体のよさを引き立てることができます。

チーク

オレンジっぽさがあるものはイエベ、
ないものはブルべ向きです。

リップ

オレンジっぽさがあるものはイエベ向き、
ないものはブルべ向きです。

ほかに、ラメの色にも注目。ゴ
ールドだとイエベ向き、
シルバーだとブルべ向きです。

ピンクアイシャドー

チークやリップと同じく「オレンジっぽさ」で分けた上に、
粉の質感も要確認。

マットよりラメのほうがピンクの色みが薄いので、
大人の女性に似合いやすい。



服の色選び

番組がおすすめしていたのが
ワントーンコーデ。

全身を同じ色でそろえるコーディネートです。

春に向けておすすめなのは、
ブルベはネイビー、
イエベはベージュ
を基本にしたワントーンコーデとのこと。


また、上下が同じ色でも、
表面がツルツルでとろみのある「ツヤ素材」と、
光沢がなくザラザラした「マット素材」を組み合わせると
やぼったくなりません。


アクセサリー

ブルべはシルバー、イエベはゴールドがおすすめですが
トップスを自分に似合う色にしておけば、
アクセサリーはゴールドでもシルバーでもo.k。


タイツ

イエベはカーキブラウンのタイツ
ブルべはダークグレーのタイツ
にすると全体の統一感が出るとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ