肩こりではなく首こりの改善運動!後頭下筋群のこりをほぐす【ガッテン】

肩こり、傷み、女性

2019年2月13日放送のガッテンは
「“新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP」

首こり改善運動の紹介!

スポンサードリンク

首こりの2大原因

しつこ~い肩こり。
実は首のこりなのに肩のこりだと思っている人も
多いそうです。

肩こりは主に背中の僧帽筋という筋肉が
凝り固まることで起きます。

首こりは後頭下筋群という筋肉が引き起こします。

姿勢

首こり原因の1つは姿勢。

パソコン画面を見るとき体が前かがみになります。

その上で画面を見ようとすると首は上向きに。

この姿勢では後頭下筋群がきゅっと縮みっぱなし。

これが長時間続くと血流が滞り凝り固まってしまう。


首こりのもう1つの原因は目。

目を左右に動かすと
自然と顔も小さく動いてしまう。

この動きをコントロールしているの
が後頭下筋群。

スマホを見るときも視線は
飛ぶように動いてしまう。

スポンサードリンク

しかもスマホを見る時は顔が下向きで
後頭下筋群が緊張しっぱなしに。

そこで首のコリの改善に効果が期待できる
体操を教えてくれました。


首こり改善運動

後頭下筋群のこりをほぐす運動です。

どの運動もゆっくり小さく動かすことで
後頭下筋群のこりを改善します。

①イヤイヤ運動

1.仰向けに寝て目をつむり、楽にする。

2.その状態でゆっくり首を左右に動かす。

動かす角度は小さめで45度を超えない程度。

片側3秒ほどかけて動かします。

回数は20往復が1セットで、
1日3セット行います。


②うなずき運動

1.枕を使って仰向けに寝る。

2.目をつむってアゴを上げる方向に動かし、
うなずくように戻す。

少し上向きのうなずきで、
首の後ろの筋肉を伸縮させるイメージです。

一回3秒くらいのゆっくりしたスピードで、
20往復で1セット。

1日3セット行います。


③アゴ引き運動

1.枕を使って仰向けに寝て目をつむり、
アゴを引くように動かす。

1回に3秒ほどのゆっくりしたスピードで、
10回1セット。

1日3セット行います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ