【きょうの料理】栗原はるみの里芋大福のレシピ!

2019年2月14日放送の「きょうの料理」は
栗原はるみの楽しい定番ごはん

ここでは里芋大福のレシピを紹介!

スポンサードリンク

里芋大福のレシピ

里芋をじっくり煮込んでつくる。
やわらかい生地の中には、
トロッとした肉あんがたっぷり!
おもてなしにもぴったりの一品。

『材料』

(4人分)
里芋→400g(正味300g)

鶏ひき肉→50g

玉ねぎ(みじん切り)→1/4個分(50g)

(A)

だし→カップ1/2

薄口しょうゆ→大さじ1

砂糖→大さじ1

みりん→大さじ1/2

塩→少々

(B)
しょうゆ→小さじ2

みりん→小さじ1

砂糖→小さじ1

片栗粉→小さじ1



片栗粉→適量

揚げ油→適量

『作り方』
1.里芋は洗って皮をむき
大きければ半分に切る。

2.里芋を鍋に入れてかるまで水を加え、
火にかける。

煮立ったら弱火にしてふたをし
里芋が柔らかくなるまで10~12分ゆでる。

3.ザルに上げてよく洗ってぬめりを取る。

4.鍋をきれいにして里芋を戻し入れ
(A)を加えて火にかける。

煮立ったら弱火にして蓋をし、
約10分煮る。

スポンサードリンク

5.10分後ふたを外して
煮汁がほとんどなくなるまで煮含める。

6.熱いうちに滑らかになるまで
マッシャーやすりこ木棒でつぶし
バットなどに平らに広げて冷ます。

7.耐熱ボウルにひき肉と合わせた(B)を
入れてよく混ぜひき肉に汁気を吸わせる。

玉ねぎを加えてもう1度よく混ぜる。

8.⑦をふんわりとラップをして
600Wのレンジで1分加熱する。

一度取り出して全体を混ぜて
もう一度ラップをしてさらに1分レンジで加熱する。

ラップを外してよく混ぜ、粗熱を取る。

9.⑥を4等分にしてラップに広げ
直径約12cmに丸く伸ばす。

10.⑧の1/4量をのせて全体を覆うように包む。

大福のように丸めて形を整え
指で表面をならして滑らかにする。

残りも同様にします。

11.⑩にたっぷりの片栗粉をまぶす。

12.小さめのフライパンに約1cmの深さまで
揚げ油を注ぎ、170度に熱し
1個ずつ入れてスプーンで油をかけながら
底がカリッとするまで揚げる。

油をよく切ってできあがり。




【きょうの料理】栗原はるみのボンゴレビアンコのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ