【あさイチ】花粉皮膚炎の症状とは?予防するスキンケアの方法も

マスクの女性

2019年2月14日放送の「あさイチ」の
女のニュースは目鼻だけじゃない!花粉皮膚炎。

花粉皮膚炎を防ぐスキンケアのやり方の紹介!

スポンサードリンク

花粉皮膚炎に注意

そろそろやってくる花粉のシーズン。

毎年、目のかゆみや鼻づまりに悩まされる人も
多いと思います。

でも実は、花粉の症状は目や鼻だけでないのだそうです。

要注意なのが、「花粉皮膚炎」と呼ばれる肌トラブル。

花粉が肌に付着することでおこるアレルギー反応で、
症状の多くが目の周りや頬などの顔に出ます。

特にこの冬は乾燥した日が多かったため、
乾燥によって皮膚の表面を被うバリア機能が破壊され
カサついた肌に花粉が入り込みやすく
皮膚炎を起こしやすいのでは、
と専門家も警鐘を鳴らしています。

また、ホルモンが減ってきた40代以降は
特に症状が出やすくなるそうです。

そこで重要になってくるのが
年齢にあったスキンケアです。

花粉皮膚炎を防ぐスキンケア

女性の肌に悩みに詳しい
東京都中央区の皮膚科医 吉木伸子さんに
教えてもらいます。

①クレンジングをやさしく素早く行う

スキンケアの中で肌に一番負担をかけているのが
クレンジング。

使うのは弾力のあるジェルやクリームタイプが
おすすめ。

1.500円玉サイズを手にとり肌をこすらず
円を描くようにやさしく馴染ませる

※肌をこすらないことが重要

スポンサードリンク

2.顔全体に行き渡ったら
ぬるま湯で素早く洗い流す

クレンジング成分が
肌に触れている時間が長いと肌の潤いを
溶かし出してしまうので
なるべく1分以内の短い時間でおこなう

洗顔も同様に
泡をやさしく顔全体になじませ
こすらずに洗い流す



②美容液で保湿して肌のバリア機能をアップ

乾燥しやすい40代以上の女性には
油分の多いタイプの美容液がおすすめ

1.真珠玉ほどの量をとり
手のひら全体に広げる

2.スタンプみたいに押し付けるイメージで。

※絶対にこすらない。

これら全てのスキンケアにかける時間は
3分以内が理想的

花粉皮膚炎の受診の目安

既に花粉症の人や
これまで花粉症ではなかったが
もともと乾燥肌・敏感肌の人、
アトピー性皮膚炎などの
皮膚疾患にある人は

花粉皮膚炎になりやすい傾向が
あるので要注意。

肌がチクチクすると感じたり
化粧のノリが悪いと感じたら
花粉皮膚炎の可能性があるため
皮膚科受診がおすすめ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ