医者がやっている風邪&インフルエンザの予防法【ハナタカ】

インフルエンザ

2019年2月14日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

お医者さんがやっている
風邪&インフルエンザの予防法の紹介!

スポンサードリンク

名医の風邪&インフルエンザの予防法

医師の経験者でインフルエンザになった人は
調べたところ少なかったのでした。

そこでお医者さんがしている
風邪&インフルエンザの予防法を
教えてもらいました。


マスクの外し方

専門家はマスクを外す時はヒモしか持たない。

使用後のマスクにはウイルスが
付着している可能性があります。

フィルター触ってしまうと
マスクで防いでいたのに触ってしまい、
結果インフルエンザなってしまう
おそれがあるとのこと。

捨て方も家庭では袋に包んで
捨てたほうがいいとのこと。

いつも飲むようにしている飲み物

お医者さんが風邪やインフルエンザ予防のため
いつも飲むようにしている飲み物は緑茶。

風邪予防にはお茶の中では緑茶がベスト。

10分~15分の感覚で
こまめにちょっとずつ飲むのがいい。

1時間に1回でも飲めば効果があるとのこと。

緑茶に含まれるカテキンや
テアニンがインフルエンザ予防に効果的。


スポンサードリンク

風邪予防のために晴れた日にする対策

風邪やインフルエンザ予防のためには
晴れた日には手袋をしないほうがいい。

人は日光に当たるとビタミンDを生成され、
免疫力を高めるため。

素肌に当てないと生成されにくいため、
肌を露出することが少ない冬は
手だけでも出した方がいい。

時間的には15分~20分程度で充分。

顔に浴びるだけでも生成されるのですが
女性は化粧をしているため
手をきちんと出すと有効。

うがい手洗い編

手や腕以外に顔も洗う

専門家によると手や腕以外にも
しっかり顔を洗うというのがいいとのこと。

手についたバイキンやウイルスが
顔を触った時に感染するため。

手を洗ったときに一緒に顔を洗えば
菌も流れるため感染しにくい。


ガラガラうがいをする前に〇〇をする

ガラガラうがいをする前に
クチュクチュうがいをするとよい。

口の中で雑菌が繁殖しやすいため、
先にそれを洗い流す方がより効果的。



手を拭く時には〇〇を使う

ペーパータオルを使い、
使ったら捨てます。

共有しているタオルだと
雑菌がつきやすいため。

家庭では家族でタオルを分けた
ほうがいいそうです。




【ハナタカ】食後にチーズをかじると虫歯予防になる!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ