【ゲンキの時間】シワ・たるみ改善体操の猫背改善筋膜リリースのやり方!

2019年2月17日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
10歳若返る!シワ・たるみ撃退術。

シワ・たるみをリフトアップ
タイプ別攻略法。

猫背改善筋膜リリースのやり方を紹介!

スポンサードリンク

しわやタルミのセルフチェック法

日頃の習慣や癖で、
シワやたるみができやすい場所があります。
そのタイプは、大きく分けて4つ。
そのチェック法です。

老け顔動物チェック

1.片側だけで噛む癖がある
2.口呼吸になっている
3.PC、スマホを見る時間が長い
4.会話が少ない
5.太っている
6.柔らかいものばかり食べる
7.目を大きく開く事ができない
8.よく眉間にシワを寄せている

【判定結果】
1、2に該当 → 口や頬がたるみやすい「ほうれいブル」
3、4に該当 → 目がたるみやすい「目だるみタヌキ」
5、6に該当 → アゴがたるみやすい「アゴなしセイウチ」
7、8に該当 → おでこの筋肉が上手く使えない「でこジワサル」


猫背改善筋膜リリース

全タイプにオススメ

1.姿勢を正し、アゴを引く

2.腕を肩の高さに上げ、左右の人差し指をくっつける

3.ひじを支点に手のひらが前を向くように
肩甲骨を起き上がらせて、10秒キープ

4.アゴを引いたまま、舌を斜め上に突き出し10秒キープ

5.姿勢はそのままで、口角を耳の方向に引き上げ10秒キープ

6.口角は上げたまま、目を大きく見開いて10秒キープ

7.顔全体を大きく開いて10秒キープ


口・頬がたるみやすいタイプ「ほうれいブル」改善体操

1.背筋を伸ばし、アゴを引く

2.アゴの真ん中の両手の人差し指・中指・薬指を
当てる

3.唇の下側に沿って口角の横まで指を滑らせて
持ち上げ30秒キープ


目がたるみやすいタイプ「目だるみタヌキ」改善体操

1.両手の4本の指で眉の下側、目の下の順に
円を描きながら数回さする


アゴがたるみやすいタイプ「アゴなしセイウチ」改善体操

1.アゴの下のくぼみに
両手の人差し指・中指・薬指を置く

2.アゴの下を滑らせ、エラに向かって
ゆっくり数回さする


おでこの筋肉が上手く使えないタイプ「でこジワサル」改善体操

1.姿勢を正して、アゴを引く

2.右の手のひらをおでこに、
左の手のひらは後頭部に当てる

3.右手はおでこを引っ張り上げながら
目を大きく見開き、左手は後頭部を引き下げて30秒キープ


それぞれ3セットを朝昼晩に分けて行い、
余裕が出てきたらキープする時間を延ばします。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ