【坂上&指原のつぶれない店】バカ売れ商品ベスト10!胡粉ネイルやてぬぐい額

2019年2月17日放送の「坂上&指原のつぶれない店」

つぶれないザ・ベスト店(テン)!
倒産危機の状態からヒット商品を世に送り出し、
奇跡の復活を遂げたお店や町工場を
ランキングで紹介!

スポンサードリンク

つぶれないザ・ベスト店(10)

10位:ウェアラブルメモ

腕に巻くメモ帳。

腕に巻き付けて使うことができるメモ帳です。

ボールペンで書き込んでも
こすると消えます。



9位:詰め替えそのまま

お風呂の詰め替え作業がなくなる便利グッズ。

詰め替え用パックにノズルをつけて固定し、
反対側にフックを取り付けるだけで
詰め替えの必要がなくなるグッズ。



8位:魔法のフライパン

3年待ち!超軽量の鋳物製のフライパン

錦見鋳造 魔法のフライパン 28cm

鉄の鋳物は底の厚さ5mmが限界とされますが、
魔法のフライパンは1.5mmを実現しています。

そのため熱伝導率が驚くほど高く、
誰でも料理がうまくなる鋳物のフライパンです。



7位:城山博文堂のニャン艦

創業56年の城山博文堂。

文字の一部にネコがデザインされた「ニャン鑑」は
印鑑証明を取れるので実印としても使えます。

注文はHPからどうぞ↓
かわいいはんこ通販 おもしろMY印鑑



6位:おりあみ

世界初!金網で作った折り紙。

紙の折り紙と違って耐久性があり
半永久的に形状を保つことができます。

このおりあみは経済産業大臣賞を受賞し、
小池都知事も絶賛しています。



5位:つつした

ネットで3か月待ち!かかとのない靴下

かかとがないので
どんなサイズの足にも
ジャストフィット。

樋口メリヤス工業さんが作っていて
織り機が3台しかないので大量生産が
できないとのことです。

つつしたのお取り寄せはこちらからどうぞ↓
つつした



4位:てぬぐい額

楽天で209週1位!てぬぐいを入れる額縁。

スポンサードリンク

岐阜・山形市にある創業67年の山田木管工業所。
住宅メーカーなどからの発注を受け、
玄関などに使用する木製の収納扉を製造しています。

妻からの一言でてぬぐいを入れる額縁を発案。

手ぬぐいがブームでインテリアとして
飾れるということで人気に。


3位:くびにかけるくん

耳の痛みを解消!耳にかけるマスク

マスク使用者の多くが悩む耳の痛み。

その悩みをなくす商品を作り出したのが
創業48年の相模カラーフォーム工業。

吸音材などスポンジ製品を製造する
ノウハウを活かしつくられました。

マスクをを首にかけてすることで
耳が痛くならない。


2位:キャットタワー・スヌーズ

猫が喜ぶ爪とぎダンボール

福岡・行橋市にある創業57年の大国段ボール工業。

一般企業向けに梱包用ダンボールを
製造してきた町工場。

友人の大きな爪とぎ気が欲しいという
望みをかなえるために
大きな爪研ぎ器を開発。

ダンボールの穴は爪研ぎに最適で、
猫の習性などを研究した末に
オブジェのようなこの形状に行き着いたとのこと。

このキャットタワーは手間がかかり
1日に約3個しか作れないため、
2ヶ月待ちとなっています。



1位:胡粉ネイル

紙に塗らずに爪に塗る絵具。

日本最古の絵の具店、上羽絵惣。

取り扱ってきたのは日本画の絵の具で、
天然の鉱石などを原料としています。

例えば白、胡粉とばれる色は
ホタテの貝殻を砕いて作られています。

そこで胡粉をつかったマニキュアを発明。

従来のマニキュアと違いシンナーなどの
有機溶剤を使わない独自の製法なので
刺激臭がなく速乾性があります。

さらに落とす時も除光液は必要なく、
お湯に浸けるだけで簡単にはがせます。

その手軽さが受け学生から年配まで
幅広い支持を受けてバカ売れしている
とのことです。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ