【ごごナマ/きわめびと】ご飯のおいしい炊き方のコツ!氷を入れる

お米

2019年2月22日放送の「ごごナマ 助けて!きわめびと」
「最高にうまい!ご飯の炊き方・保存法」

家で炊くご飯がもっとおいしくなる極意を
5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵さんが
伝授!

スポンサードリンク

ごはんを炊くウラ技は氷を入れて炊く

氷を入れるとご飯が美味しく炊ける理由は
温度とお米の吸水率が関係しています。

兵庫県立大学の坂本薫教授の研究で
氷で米を炊くとどのように
米の吸水率の変化が起きるのかというデータが
あります。

20度の水で炊いたものよりも
5度の氷水のデータのほうが
吸水率が高くなることが分かっています。

吸水率が高くなるとアミラーゼという
糖を分解する酵素が活発になるため、
お米の甘みがアップするするとのこと。

また、浸水させて2時間以上から
吸水率が上がるので
しっかり浸水させておく方が
甘みがアップします。

また、炊飯器ごと冷蔵庫に入れて
冷やしておくのも効果があります。

おいしいごはんの炊き方

『材料』
お米

水 

氷 1合につき1個

『炊き方』

スポンサードリンク

【計量】
研ぐ前に正しく計量します。

1.計量カップに山盛りお米を入れ
5回程度トントンと軽く打ち付けるようにして
空気を抜く。

2.棒などですりきる

【研ぎ方】
研ぐではなく優しく洗う。

1.お釜にお米を入れ、水を入れて軽く混る。

2.拝むように両手でそっと包み優しく
こすり合わせるようにする。

3.水を変えながら3回繰り返す。

※研ぎすぎは美味しさがなくなってしまう
ので注意。

水は白く濁っているくらいがちょうどいい。

この白いものはうまみ成分なので、
残る程度の方が美味しく炊き上がります。

【氷を入れる】
1.炊飯器に洗ったお米を入れ、
水を入れる前に1合につき氷を1個入れる。

2.炊飯器のお釜のメモリまで水を注ぎ入れる。

3.2時間浸水させるように予約して炊く。

【炊き上がってからの混ぜ方】
1.炊き上がったらしゃもじで十字に切るようにする。

2.1/4ずつ底から返すようにして空気に触れさせ、
切るように混ぜる。

そうすると1粒1粒が立っておいしくなります。




【ごごナマ/きわめびと】ご飯のおいしい冷凍保存方法&炊き立てのようになる温め方

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ