【ヒルナンデス】クローゼット整理!フォーマルワンピやジャケット、デニムなど

洋服、セーター

2019年2月27日放送の「ヒルナンデス」

服を処分する法則を
クローゼットスタイリストが伝授。

フォーマルワンピース、シャツ、ロングスカート、
ジャケット、デニムを整理します。

スタイリストは林智子さん。

スポンサードリンク

服が捨てられないファッションライター

今回の依頼主は、フリーのファッションライター。

服が大好きで捨てられないとのこと。

林智子さんはワンピースを残すべき、
手放すべきものと仕分けしていきます。

クローゼット整理のテーマは
「ベーシックが似合う大人女性」。

フォーマルワンピース

フォーマルワンピースを見極める法則は
「ワンピースは、肩と膝をみろ!」

40歳を過ぎて二の腕や膝が出ていると
若いときのワンピースを着ている感じが出てしまうため、
露出は控えめに。

残すのは、袖があるか肩の幅が5cm以上あり、
膝が隠れる長さのもの。

腕周りが気になる人には
ケープ風ドレスもオススメとのこと。



シャツ

シャツを見極める法則は
「ポケットがないものを選ぶべし!」

ポケットのないシンプルなものを残します。

ハイブランドのシャツはポケットがないものが多く
ドレスアップにも、カジュアルにも使えます。

隠しボタンのシャツはトレンドで
大人っぽく着こなせるのでおすすめ。

しわ加工のシャツも着ぶくれ感があるので、処分します。

ジャケット

ジャケットを見極める法則は
「襟の形が縦に深いVのものを残すべし。」

今の流行は、お尻が隠れるくらいの着丈が
長いボックスシルエット。
ダブルボタンも流行っています。

逆に、着丈が短く襟も小さいものは
ひと昔前のジャケットなので処分します。

ライダースは、ジッパーが多いほどハードな印象になので、
、なるべくシンプルなものを残します。色は黒がオススメ。

定番アイテムと合わせればクールに着こなすことができ、
ワンピースと合わせれば甘辛コーデとして
着こなすことができます。



ロングスカート

ロングスカートを見極める法則は
「くるぶし丈の長さを選ぶべし!」

今年のトレンドである九分丈のスカートは
脚のラインをカバーでき、
普段のコーティネートも上品で大人っぽい印象に。

ミモレ丈などは脚のラインが見えてしまい、
一昔前のトレンドなので処分します。

ダメージデニム

ベーシックなデニムは
「5ポケットを残すべし。」

ダメージデニムは
「ダメージ加工が一つまでのものを残すべし。」

切りっぱなしや穴の開いたダメージデニムは
メンズの着こなしにはこなれ感が出るが
40代女性には難易度が高いアイテム。

当て布がついているとより良い。

40過ぎるとダメージ加工が安っぽくなってしまう

当て布がついたものは肌が見えず
上品に着こなせるのでよりおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ