【世界一受けたい授業】パニック障害の対処法や克服法&なりやすい人チェック!

パニック、ショック

2019年3月2日放送の「世界一受けたい授業」の
芸能人が次々告白!
ある日、突然迫り来る「パニック障害」

パニック障害の対処法や克服法
なりやすい人チェックなどの紹介です。

スポンサードリンク

パニック障害とは?

何の前触れもなく、激しい動機、
息苦しさ、めまい、震えなどの発作が
起きてしまうパニック障害。

パニック発作が起こりやすいのは、
電車内やバスなど逃げ場のない場所。

「今発作が起きたらどうしよう」という不安が
引き金となり、発症しやすくなります。

その他、美容院や歯医者さんなど
一定時間同じ場所にいなければならない場合や、
人目から逃げられない場所でも
パニック発作が起きやすくなります。

パニック障害の原因は
心の弱さが問題と思われがちですが、
実は脳の誤作動。

感情をコントロールする神経伝達物質の
バランス異常が原因なのです。

営業マンと小説家では重症化しやすいのは
小説家。

営業マンは仕事上、色々な場所に出向くことで
リハビリとなり、パニック障害を克服できる
可能性があります。

一方、あまり外出しない小説家は
行動範囲が狭く重症化しやすいのです。

発症するのは20代が最も多く、
次に30代が多くなっています。

男女別でみると、男性よりも女性の方が
多くなっています。

パニック障害は最近は知られてきましたが、
以前はパニック障害は周りからの理解が得にくく、
お笑い芸人・中川家の剛さんは
周りからは「気持ちの問題」「さぼっている」などと
言われ辛かったそうです


パニック障害予備軍チェック

・プレッシャーを感じる

・仕事や家事をしすぎ

・最近寝不足

・コーヒーを1日6杯以上飲む

・頻繁に飲酒や喫煙をする

3つ以上当てはまるとパニック障害予備軍の
可能性があります。

特に、プレッシャーなどの強いストレスは
脳内の神経伝達物質のバランス異常を
起こしやすくなります。

プレッシャーなどのストレスに加え、
寝不足、喫煙、アルコール、カフェインなどの
過剰摂取がかさなるとパニック発作を
誘発しやすくなることが報告されています。


パニック障害の克服法

中川家の剛さんの場合

お笑い芸人・中川家の剛さんの場合、
弟の礼二さんが電車を何本もやり過ごして移動
あえて人目の多い舞台にたつなど
サポートし続け徐々に克服しました。

これは曝露療法といって不安な場所に
あえて行くことで恐怖を拭い去る
とても有効な治療法とのことです。


安西ひろこさんの場合

安西ひろこさんはパニック障害で
8年間も芸能活動を休止し、
家にこもっていました。

そんな時、仲の良かったおばさんが
家の中にいちゃだめよ、
と積極的に外に連れ出してくれ、
毎日散歩やガーデニングなどを一緒にするうちに
徐々に症状がおさまっていったそうです。

おばさんの優しさ、温かさが
克服できた要因の1つだといいます。


大場久美子さんの場合

大場久美子さんは39歳で発症し、
4年間も病名が分からず苦しんでいました。

パニック障害だと診断されたとき、
「病気だから治せばいいんだ」とプラスに
考えました。

大場さんは、外出する際には
「心配しないでください」などと書いた
メッセージカードをもち
発作が起きた際に、見せていたのです。

安心アイテムを持つことによって、
自信がつき改善へと向かったようです。

こうして、8年間苦しんだ
パニック障害を克服しました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ