【がっちりマンデー】コモパンの通販・お取り寄せ!長持ちする秘密

クロワッサン

2019年3月3日放送の「がっちりマンデー!!」は
儲かる「パン」ビジネス2019!

ここではロングライフパンの
株式会社コモについて紹介!

スポンサードリンク

株式会社コモ

ボタンを押せば、中の機械が動いて
パンが出てくる自動販売機。

この自動販売機戦略で
儲かっているのがコモというパン屋。

この自販機は全国で2500台もあり、
学校や公共施設といった場所で大繁盛。

パンの自販機シェアではトップを走ってます。

もちろん味も、もちもちして美味しい。

株式会社コモさんの年商はなんと55億円。

山崎パンやフジパンなど大手パン業者に次いで
パン業界第5位という知られざる儲かりパンカンパニー。

しかし、なぜコモだけが
自動販売機でこんなに売っているのか?

コモの本社へいき木下克己社長に
話を聞きます。

長持ちするパンの秘密

コモの自販機パンと
普通のパンの違いは

普通に販売されているパンは
賞味期限が3~4日なのに対して
コモのパンは賞味期限が35日~60日。

コモのパンはある特殊な技術を用いることで
賞味期限が通常の20倍もなるパンなのです。

一体どうやったらそんなパンが作れるのか?

そこで案内されたのは
パネトーネ菌のマザー室で保管している部屋。

パネトーネ菌とはイタリアのコモ湖の周辺にだけ
存在する天然の菌。

スポンサードリンク

この部屋にはこの菌を取り扱っている
特殊な人だけが入れます。

中には入れないのですが、
中のものをこっそり出すのはOKということで、
出てきたのはパネトーネの元種。

パネトーネ菌はイースト菌などと同じく
生地を発酵させてパンをふくらませるための大事な菌ですが
力強くふくらんでしまうので、それを抑えるためき
つく縛り付けているのだそうです。

そして、このパネトーネ菌は、
通常パン生地をふくらませるために
必要な水分の量がイースト菌よりも
ぐっと少ない。

そのためカビが生えにくくパンが傷みにくくなり、
長期間の保存が可能になるとのこと。

だからロングライフパンなのに
保存料は一切使用していない。

でもこんなにすごいモノならなぜ
他の大手パン会社はパネトーネ菌を
使わないのでしょうか?

それはパネトーネ菌の保管はかなり面倒。

普通のパンは半日で出来るのに
3日間かけたら採算があわない。

工業品のイースト菌は1時間程度でふくらむが、
パネトーネ菌はもともとふくらむ機能が弱いため
発酵だけでも10時間はかかります。

さらに美味しいパンを作るために
熟成を繰り返すと3日もかかってしまう。

長時間、保管しなければいけないため
とてつもない広さの部屋を用意しなければ
ならない。

しかし、そうして焼き上げたパンは
じっくりと熟成と発酵を繰り返すため、
一般的なパンの断面は気泡のようになっているのと比べ、
コモのパンは細かい層がいくつも折り重なった断面に
なっています。

これがもっちりとした食感と独特の風味を生んでます。

その独自の技術を磨き
業界5位のメーカーに成長したコモ。

今後もますますがっちりのようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ