【あさイチ】猫背の治し方!ストレッチで改善

猫背

2019年3月4日放送の「あさイチ」は
さよなら、猫背&ストレートネック

ここでは猫背のタイプや
猫背を改善する座り方、ストレッチなどを紹介!

スポンサードリンク

日本人の9割が「猫背」

日本人のおよそ9割が「猫背」なのだそうです。

猫背は頭痛や肩こり、便秘や消化不良、
慢性的な疲労などの原因になる可能性もあります。


猫背の3つのタイプ

猫背は「首猫背」「背中猫背」「腰猫背」という
3つのタイプがあり、そのタイプによって
内臓や関節など体の不調が出る場所が
違ってきます。

「首猫背」
心臓、肺、首、肩に不調が出やすく、
のど風邪を引きやすい傾向がある。

「背中猫背」
胃、肝臓、小腸、背中の筋肉や関節など、
そして、胸焼けしやすい。

「腰猫背」
大腸、腎臓、子宮などに不調が出やすく、
便秘しやすい。


猫背の治し方

基本の座り姿勢

1.椅子に座り
背骨のすぐ脇、腰のあたりの筋肉を強めに押す。

2.少し上を見ながら体を前に倒し、
押さえていた筋肉がかたくなるのを感じる。

3.かたさを感じながら、体を起こし
筋肉が柔らかくなるポイントで止める。

ここが体を垂直に立てられている状態です。

スポンサードリンク

その姿勢のまま手のひらを上にして、
足の付け根に置きます。


丸まった肩を戻すストレッチ

猫背の治し方!ストレッチ

1.基本の座り姿勢になり、
手のひらを上にして
後ろで指を組みぐっと肩を引く。

※肩甲骨の間にレモンを挟み、
絞るイメージで肩をひく。

2.頭を後ろに倒し、3秒数えてゆっくりと戻す。

1日20回以上こまめに行うと効果的。



丸まりがちな腰を伸ばすストレッチ

猫背の治し方!ストレッチ

もものうらにあるハムストリングがポイント。

ハムストリングの柔軟性がないと
骨盤を立てて姿勢よく座ることができません。

1.基本の姿勢で座り、両足を前に伸ばす。

2.つま先を立てる。

3.鼻から息を吸って、口から吐きながら上を向く。

4.身体を前に傾ける。

5.深呼吸を繰り返し、20秒キープして戻す。

1日3回以上行うと、ももの裏が柔軟になります。



【あさイチ】ストレッチマンが教えるストレッチの動画!電車の中&仕事の合間に

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ