【名医のTHE太鼓判】モノビジョン法とは?老眼治療に

目、視力

2019年3月4日放送の「名医のTHE太鼓判!」
最新!認知症&老眼改善!?SP

老眼治療にモノビジョン法の紹介!

スポンサードリンク

老眼とは?

老眼は、だいたい45歳くらいから
ほぼ全員がなると言われています。

老眼とは、目の水晶体が硬くなること。

若い頃は目の水晶体が柔らかく
近くにピントが合いやすいが、
年齢を重ねると目の水晶体が硬くなり、
近くにピントが合わなくなります。


老眼鏡をかけると老眼は進行する?

荒井先生によると、老眼鏡をかけても
かくなくても同じスピードで
老眼は進行するととのこと。

ただ、見えづらいのに老眼鏡をかけないと
目に負担がかかり、眼精疲労の原因になる
とのことです。


スポンサードリンク

老眼が進行するとどうなる?

老眼は約10年くらい進行すると
進行が止まるとのこと。



老眼が改善する本にはどれくらいの効果がある?

荒井先生によると、民間療法であって
医学的な証明はないとのことです。


モノビジョン法

老眼を改善する最新治療法として、
モノビジョン法があります。

片方の目に遠くにピントが合うコンタクトを入れ、
もう片方に近くにピントが合うコンタクトを入れます。

網膜に映った映像を脳が判断し、
遠くを見たい時は遠くにピントが合った映像を、
近くを見たい時は近くにピントが合った映像を、
脳は自動的に選ぶのだそうです。

布川敏和さんがモノビジョンを実践。

実践前の近方視力は0.4~0.5
実践後の近方視力は0.9

視力が劇的に改善しました。

ただし、人によって合わない場合もあるとのことで、
専門家の指示に従ってください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ