【たけしの家庭の医学】干しシイタケのだしのレシピ!大腸がんの予防に

2019年3月4日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
腸の老化を止める科

大腸がんのリスクが低くなるグルタミン酸。

昆布以外のグルタミン酸豊富なだしの紹介!

スポンサードリンク

大腸がん

栄養治療研究の名医・福島亮治先生によると
グルタミン酸の摂取量が多い人は
大腸がんのリスクが低い。

グルタミン酸は腸の細胞の栄養になるとのこと。

昆布とかつおのだし以外の
和風ダシによく使われる4つの食材の
グルタミン酸量を計測

大腸がんの抑制効果が期待されるグルタミン酸は
特に昆布に多く含まれています。

今回は和風ダシによく使われる4つの食材をピックアップし、
昆布を超えるグルタミン酸食材はあるのか検証。
1つ目はイリコのダシ。
2つ目はサバ節のダシ。
3つ目はアゴのダシ。
4つ目は干しシイタケのダシ。

グルタミン酸が豊富なのは干しシイタケのダシで
昆布とかつお節の一番ダシの8倍以上だったのでした。



いりこだしのレシピ

カタクチイワシのだしです。

『材料』
いりこ→2つかみ

常温の水→1リットル

『作り方』
1.鍋に常温の水を入れ
いりこを加える。
※頭や内臓は取らない。

2.約30分置きます。

3.中火で5分、アクを取りながら煮る。

4.いりこを取り出してできあがり。



さば節だしのレシピ

『材料』
サバ節→2つかみ

水→約1リットル

『作り方』
1.鍋に水とサバ節を入れ中火にかける。

2.アクを取りながら5~6分煮る。

3.こしてできあがり。



アゴのだしのレシピ

『材料』
アゴ→1つかみ

いりこ→1にぎり

水→約1リットル

『作り方』
1.アゴの内蔵を取って水に入れる。

いりこも入れる。

2.①を一晩常温で置く。

3.アクを取りながらひと煮立ちさせれば
できあがり。



干ししいたけのだしのレシピ

『材料』
干し椎茸 → 10個

水 → 1リットル

『作り方』
1.ジッパー付きの保存袋に
干ししいたけを10個入れる。

2.水を1リットル注ぐ。

3.冷蔵庫に入れて10時間戻す。

4.鍋に入れてひと煮立ちさせてできあがり。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ