ふくらはぎの下肢静脈瘤を予防するゴキブリ体操や眠り方【世界一受けたい授業】

かかと、足、足裏

2019年3月9日放送の「世界一受けたい授業」
この春気になるカラダの部位ランキング2時間SP

ランキング9位はふくらはぎ。

下肢静脈瘤を予防するゴキブリ体操や眠り方の紹介!

スポンサードリンク

下肢静脈瘤を予防する眠り方

「下肢静脈瘤」は血管がボコボコと、
こぶのように浮き出てしまう病気

寝ている間も下肢静脈瘤を予防する方法が
あります。

それは足元にクッションを敷いて寝ること。

ふくらはぎが心臓より高い位置に来るため、
血液が静脈から心臓にスムーズに
運ばれるようになります。



下肢静脈瘤を予防するゴキブリ体操

1.仰向けに寝た状態で両手両足を真上に上げる。

2.30秒手足を小刻みに振る。

健康状態がわかる、ふくらはぎの指輪っかテスト

ふくらはぎは、第2の心臓とも言われる部位のため、
太さを見れば、全身の筋肉量や、
衰えがわかります。

1.両手の親指と人差し指で輪っかを作る。

2.次に、利き足では無い方のふくらはぎの、
一番太い部分を力を入れずに軽く囲む。

この時、囲めない人、またはちょうど囲める人は、
現状で問題はありません。

スポンサードリンク

しかし、すき間ができる人は、筋肉量が少なく、
将来、足腰が弱ってしまう可能性が高い。

今のうちから、ウォーキングなどで、
ふくらはぎの筋力アップをしておくのがおすすめ。



この春気になるカラダの部位ランキング

キスミー体操のやり方!肌のしわやたるみを予防【世界一受けたい授業】

【世界一受けたい授業】ストレートネック改善のあご押し体操のやり方!

【世界一受けたい授業】心臓病予防にながらグーパー運動のやり方!オリーブオイルで不整脈を抑える

ふくらはぎの下肢静脈瘤を予防するゴキブリ体操や眠り方【世界一受けたい授業】

【世界一受けたい授業】最新5秒筋トレのやり方!内臓脂肪を落とす

【世界一受けたい授業】ゆる関節ストレッチのやり方!腰痛改善

【世界一受けたい授業】肩こり解消に肩甲骨はがしのやり方

【世界一受けたい授業】視力回復トレーニング&視力低下の意外な原因

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ