【林修の今でしょ!講座】えのき氷の作り方のレシピ!花粉症改善にも!万能調味料

きのこ

2019年3月12日放送の「林修の今でしょ!講座」の
謎を解き明かせ!キノコミステリー。

ここではキノコキトサンの吸収率がアップする
えのき氷の作り方の紹介!

スポンサードリンク

キノコキトサンは冷凍すると吸収率がアップ

えのきに含まれるキノコキトサンは
食物繊維の一種。

糖の吸収を抑え体外へ排出します。

キノコキトサンの吸収率がアップする
えのきの保存場所は冷凍庫。

キノコキトサンは冷凍すると吸収率が
アップします。

馬渕先生おすすめの食べ方はえのき氷。

えのき氷を1か月摂取したら
花粉症が改善したという研究結果もあるとのこと。

えのき氷にすると栄養成分がより
吸収しやすくなります。

えのき氷のレシピ

えのき氷

『材料』
えのき→300g

スポンサードリンク

水→400cc

『作り方』
1.エノキの石づきを省いてざく切りにし、
水と一緒ににミキサーにかける

2.①を鍋に入れ弱火で1時間煮詰める。

3.粗熱を取って製氷皿に移して冷凍庫で
凍らせたらできあがり。

1.えのき茸は石づき(約1.5cm)を除き、
ざく切りにする。

2.ミキサーにかける前に、約1時間日光に当てると、
ビタミンD2がアップします。

3.ミキサーに約30秒かけペースト状にする。

4.鍋に③のペーストを入れ、
60分かき混ぜながら煮詰める。

火加減は弱火で、沸騰が続く程度。

はじめは700gの材料が、煮詰めると
約500gになります。

5.あら熱をとる。

6.製氷皿に流し冷凍庫で凍らせてできあがり!

おみそ汁やカレーなど
何にでも使えます。




【林修の今でしょ!講座】えのき氷を使ったみそ汁、親子丼のレシピ!

【林修の今でしょ!講座】えのきステーキのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ