【世界一受けたい授業】ピンク筋トレダイエット!相撲&まき割りスクワットのやり方

ピントレ、スクワット

2019年3月16日放送の「世界一受けたい授業」は
脂肪も糖も消費するピンク筋ダイエット。

相撲スクワット&
薪割りスクワットのやり方の紹介!

スポンサードリンク

ピンク筋

人間の筋肉は大きく分けて2種類あります。

赤筋(遅筋)
→持久力にすぐれ長距離走を得意とする
→脂肪を減らす働きがある。

白筋(速筋)
→スピードやパワーに優れ短距離走などに
適している。
→糖質を減らす働きがある。




しかし、最近注目のピンク筋は
赤筋・白筋の両方を兼ね備えていて、
脂肪と糖を減らす働きがあります。

脂肪も糖も消費してくれるという
スーパー筋肉・ピンク筋。

ピンク筋は、運動中だけでなく、
睡眠中も積極的に脂肪を消費してくれます。

ピンク筋に多量に発現するUCP-3という
タンパク質は、体を動かしていない時でも、
脂肪や糖を熱に変えてくれるのです。

久野譜也先生オススメのピンク筋を増やす運動があります。

それはスクワット。

全身の筋肉のうち、6割から7割が下半身にあります。

つまり、下半身を鍛えると
効率よくピンク筋が増えていくのです。

ただし、筋トレは週に3回程度がベスト。

筋肉は回復するまでに
48時間~72時間かかるため、休養が必要です。

毎日やると逆に筋肉に負担がかかってしまいます。



相撲スクワットのやり方




1.肩幅よりも広めに足を開く。

2.4秒かけて腰を沈め、
ゆっくりと片足をあげ、床に降ろし四股をふむ。

この時、膝とつま先が同じ方向になるように意識する

違う方向になると膝を痛める原因になります。

3.四股を踏んだ後は、その体勢から2回腰を
沈める。

※腰をゆっくり沈めることで、
太ももに適度な負荷を与えることができます。

1日10回、3セット行います。

※高齢の方や、足腰に不安のある方は、
椅子の背もたれなどを持ちながら、
スクワットするのをオススメ。



まき割りスクワットのやり方

1.肩幅に足を開いてまっすぐに立ち、前方で手を組む。
この時、腕は地面と水平になるようにします。

2.この体勢でゆっくり4秒かけて腰を沈める。
※お尻を後ろに突き出すイメージで、
膝がつま先よりも前に出ない事がポイント。

3.腰を沈めたまま、まき割りをするように、
腕をゆっくり5回ふる。
腕は90度しっかりあげます。

まき割りスクワット



まき割りスクワット



4.3秒かけて元の体勢に戻る。

※息を止めてトレーニングするのは急激な
血圧の上昇などの危険があるため、
数を数えながらスクワットします。

これを1日10回3セット行います。

どちらのスクワットも、下半身はもちろん、
大腰筋と言われる下半身と上半身をつなぐ筋肉を
同時に鍛えることができるのでオススメです。



ピンク筋ダイエットの結果

山田親太朗さんがピンク筋ダイエットに
2週間挑戦しました。

2種類のスクワットを1日おきに実施。
食事制限はとくにしていません。

体重:74.1kg→72.8kg!

体脂肪率:19.1→18.8!

ウエスト:88.6cm→85.0cm!




よろしければこちらもどうぞ↓
【ガッテン】ピントレ(超スロースクワット)のやり方!血糖値を下げ糖尿病対策に

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ