【この差って何ですか】タマネギを甘くする方法!平成の最初と最後の差

タマネギ、玉ねぎ

2019年4月2日放送の「この差って何ですか?」の
平成元年と平成最後の年の料理常識の差。

ここではタマネギを甘くする方法の差の紹介!

スポンサードリンク

平成元年のタマネギを甘くする方法

平成元年の頃はフライパンでタマネギを
アメ色になるまで炒めていました。

スポンサードリンク

平成最後の年のタマネギを甘くする方法

平成最後の年では「電子レンジ」で
加熱した方が、よりタマネギが甘くなると
言われています。

佐藤秀美先生によると、玉ねぎが甘くなるのは、
加熱すると、玉ねぎの辛味成分が飛ぶので、
玉ねぎに残った甘みが引き立つため。

しかし、フライパンで炒めた場合には、
タマネギの表面だけしか加熱されないので、
内部の細胞にはその炒め時間では
十分熱が入っていかない。

そのため、辛味成分が この中に留まってしまう。

一方、電子レンジで加熱する場合には、
熱が表面だけではなく、タマネギの中まで、
まんべんなく加熱されていくので
辛味が無くなって、甘く感じるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ