【ガッテン】花粉症の新対策!ワセリンを鼻に塗る

花粉症対策

2019年4月3日放送の「ガッテン」
今、ツラいあなたに!保存版 新発想の花粉症対策SP

花粉症の新対策は鼻にワセリンを塗る
ことについて紹介!

スポンサードリンク

花粉症対策

鼻の粘膜を守っているのが免疫細胞。

花粉が鼻から吸い込まれると免疫細胞が反応。

さらに花粉が割れて中身が出ても反応します。

免疫細胞はさかんに炎症物質を出して
粘膜を攻撃してしまう。

すると粘膜がはれ鼻づまり、鼻水に。

花粉症対策としてマスク・ゴーグル・スプレーは
侵入を防ぐ。

鼻うがいは花粉を洗い流す。

飲み薬・目薬はアレルギー反応の抑制に。

しかし、これに何かを足すことで症状が
劇的に改善するとのこと。



花粉症対策にワセリン

去年12月にイタリア・フィレンツェで
世界アレルギー機構国際科学会議が行われました。

そこで、花粉症対策を聞いて回ったところ
イギリスには花粉を防ぐ
鼻バリアがあるといいます。

花粉症は今から200年前に
イギリスで発見されました。

そのイギリスで行われている対策は、
「ワセリンを鼻の穴の中に塗る」という方法です。

スポンサードリンク

ワセリンの塗り方

1.鼻の入り口のところに塗るだけです。

綿棒もしくは清潔な指で
量は綿棒の先が薄く覆われる程度。

塗った後、鼻の上から軽く押さえ
最後に余った部分をふき取ります。

1日3~4回が目安。

時々鼻をかんで、花粉がついた
ワセリンを取ると良いとのこと。

ワセリンを塗っているところには
水分がないため、花粉が割れないのだそうです。

割れなければ中のアレルゲン成分が
出てこないため、症状が出にくいとのこと。



花粉症対策にワセリンの実験

花粉症の新対策の効果を確かめるための大実験。

花粉症の人10人に試してもらいました。

すると、ある人のくしゃみは5回から1回に減少。

対策をしなかった場合の鼻水の量を1とすると
ワセリンの対策をしたところ10分の1以下に。

鼻粘膜のはれは0人に。

くしゃみは半分程度に減ったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ