【男子ごはん】牛丼、鶏そぼろ丼、親子丼のレシピ!定番料理がめんつゆで簡単

牛丼

2019年4月7日放送の「男子ごはん」は
春の定番祭り!第一弾は定番の丼モノ3品!!

国分太一さんと料理研究家の
栗原心平さんが作ります。

新生活応援スペシャルとして定番料理を大特集。

第一弾は丼!!牛丼、鶏そぼろ丼、親子丼という
人気の丼3種類を、めんつゆを使って
簡単においしく作る方法の紹介です。

スポンサードリンク

男子ごはんの丼レシピ

牛丼のレシピ

めんつゆで、お家にいながら
お店の味が手軽に作れます。

『材料』
牛肩ロース肉(しゃぶしゃぶ用)→ 150g

玉ねぎ → 1/2~1個(150g)

(A)
水 → 200cc

めんつゆ(3倍濃縮)→ 50cc

みりん → 大さじ1

砂糖→ 大さじ1/2




紅しょうが →  適量

七味唐辛子 →  適量

あたたかいごはん → 1人分

『作り方』
1.玉ねぎは縦半分に切ってから縦5mmの厚さに切る。

2.鍋に(A)を合わせて火にかけ、牛肉を加える。

沸いてきたら中火でアクを取りながら5分煮る。

さらに玉ねぎを加えて10分煮る。

※玉ねぎを時間差で煮ることで
具材のやわらかさを調整

たまに混ぜる。

3.器にご飯を盛って②を汁ごとかけて、
紅しょうがを添える。

お好みで七味唐辛子を振ってできあがり!

めんつゆ

めんつゆはだし汁、醤油、みりんなどの調味料が
バランスよくはいっているので煮物作りに便利。

ストレートタイプは麺を食べるため。

3倍濃縮タイプは薄めて麺も食べられ、
煮物作りにも使えるのでオススメとのこと

※3倍濃縮のめんつゆの薄め方
めんつゆ1に対して水2を加えてつくります。



鶏そぼろ丼のレシピ

鶏そぼろはお弁当にも使え
冷凍保存もできます。

『材料』(2人分)
鶏ももひき肉 → 250g

(A)
めんつゆ(3倍濃縮) → 大さじ2

砂糖 → 小さじ1

酒 → 大さじ1

水 → 大さじ1

(卵そぼろ)
卵 → 2個

砂糖 → 大さじ1.5

みりん → 小さじ1


絹さや → 4~5枚

温かいご飯 → 2人分

『作り方』
1.鶏ぞぼろを作る。

フライパンを熱して油をひかずに、
鶏ひき肉を入れてほぐしながら強火で炒める。

2.色が変わってきたら(A)を加えて炒め合わせる。

※鶏そぼろは炒めすぎると脂が出て
脂臭くなってしまうので注意が必要。

3.卵そぼろを作る。
ボウルに卵を溶き、砂糖、みりんをよく混ぜて、
フライパンに入れる。
(※フッ素加工のフライパンの場合)

4.菜箸でグルグル混ぜながらそぼろ状に加熱する。

5.絹さやはヘタと筋を取り、塩(少々)加えた熱湯で
サッと茹でる。

色が変わったら流水で洗って粗熱を取り、
水気をきる。
斜め千切りにする。

6.器にごはんを盛って②、④をかけ、⑤をのせる。


親子丼のレシピ

『材料』(1人分)
鶏もも肉 100g

玉ねぎ 小1/2個(100g)

三つ葉 適量

卵 1個

(A)
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1.5

水 大さじ3

みりん 大さじ1/2

(B)
水 小さじ1/2

片栗粉 小さじ1/2

温かいご飯 1人分

『作り方』
1.鶏肉は一口大の厚めのそぎ切りにする。

2.玉ねぎは縦5㎜厚さに切る。卵は溶く。
(B)を混ぜる。

3.小さめのフライパンに(A)、鶏肉を入れて
蓋をして強めの中火で3分煮る。

※鶏肉から旨味がすぐ出るので蓋をして
水分を飛ばさないように仕上げることがポイント

4.玉ねぎを加えて鶏肉を上にのせるようにして
中火で煮る。

玉ねぎがしんなりしたら、
(B)の水溶き片栗粉を加えて素早く混ぜ
とろみをつける。

5.溶き卵を回し入れて蓋をして弱火で30秒加熱する。

※片栗粉を加えてだし汁にとろみをつけてから
卵を加えるとふんわりした食感に仕上がる。また、

6.器にご飯を盛って⑤をのせる。

刻んだ三つ葉をのせてできあがり!


男子ごはんの本

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ