【主治医が見つかる診療所】平熱を簡単に上げる方法!楽ちんスクワット、豚汁、3・3・3入浴法

寒天のみそ汁

2019年4月11日放送の「主治医が見つかる診療所」
目と平熱について専門医が緊急警告SP

がん細胞から身を守る最大の作戦
「平熱を0.5度上げよう!」

石原新菜先生の2週間で
簡単に平熱を上げる方法などの紹介!

スポンサードリンク

平熱を下げてしまう行動

平熱が低いと肌荒れ、老化が進み、太りやすくなり、
がん細胞が活発になるとのこと。

日本人の平熱は下がっているのだそうです。

【平熱を下げてしまう行動】

①冷たいものをよく摂る
→冷たいものを摂ると血液の循環が悪くなる

②辛いものをよく摂る
→トウガラシ等にふくまれているカプサイシンは
発汗を促し、体温を下げる

③入浴をシャワーだけで済ます
→シャワーだけだと体の中心部は温まらず、
熱を奪うので体温は下がる

④睡眠時間が短い
→夜型の生活は自立神経やホルモンのバランスを崩し
平熱の低下を招く



平熱を上げるポイント

今津医師によると今より体温を0.5度上げると
良いことがあるといいます

平熱が上がると免疫力、代謝、血流がアップします。

・免疫力アップ(がんや病気を予防)
・血流がアップ(老化防止・肩こりなど改善)
・代謝がアップ(やせやすく美肌に)

平熱を上げるポイント
①筋肉量を増やす
②食べてエネルギーを発生させる

【今津医師オススメのカンタン平熱アップ法】

①利き手と反対の手で歯磨きをする
→普段使っていない筋肉を使う

②温めた甘酒を飲むと腸内環境も整い、免疫力がアップする
→おろしショウガを加えるとさらに効果アップ


石原新菜先生の2週間で簡単に平熱を上げる方法

平熱を上げる超カンタン!3つの極意。

冷え症などが悩みの矢部みほがさんが体験します。

イシハラクリニックを訪れ、石原新菜医師と対面し
体温チェック。

すると矢部みほさんの体温は35.6度でした。

ちなみに石原新菜医師の体温は37.5度。

少し高すぎの感じがしてしまいますが、
石原先生にとってはこれが普通の体温なのだそうです。

石原先生が平熱を上げる3つの方法を
教えてくれました。


1分楽ちんスクワット

筋肉の大部分は下半身にあり
スクワットが効果的。

・イスの前に立ち、両足を肩幅に開き、
イスの高さぐらいしゃがんでから立ち上がる。
(苦しい時はイスに腰掛けてもOK)

1回のスクワットは約2秒なので
30回やるとちょうど1分になります。

きつかったら3回に分けて朝、昼、晩
20秒ずつ行ってもo.k。


最強の味噌汁「豚汁」

豚汁の具材には、味噌・豚肉・ショウガ
・ゴボウ・ニンジン・長ネギなどが入っていて
これらは体を温める効果があります。

粗くみじん切りにしたショウガを
入れるのがポイント。

1日1回飲むと平熱アップに効果的。


3・3・3入浴法

3・3・3入浴法は
平熱アップ&カロリー消費が期待できます。

30分のジョギングと同じ運動効果があるとのこと。

【3・3・3入浴法のやり方】

1.お風呂のお湯は41~42度くらいの熱めの設定にする

2.湯船に肩まで3分つかり、
その後湯船から出て3分休憩する。

それからまた湯船に肩まで3分つかり、
その後湯船から出て3分休憩する。

3.最後にもう1回、湯船に肩まで
3分つかって終わり!

※高齢の方や持病のある方は医師と
相談の上で行って下さい。



矢部みほさんが3つの方法を2週間実践。
2週間後の体温は1度上昇したのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ