シミのレーザー治療、IPL(光治療)の様子と経過【あさイチ】

美顔ローラー、女性、美容

2019年4月15日放送の「あさイチ」は
消したい!隠したい!防ぎたい!シミの悩み解決SP

女性なら誰もが気になるお肌のシミ。

ここではシミの種類とレーザー治療に
ついて紹介します。

シミの種類

ひとくちにシミといっても
「老人性色素斑」「肝斑」など複数の種類が
あるとのことです。

皮膚科医の吉木伸子先生が教えてくれました。

そばかす

頬骨の高いところにでてくる
遺伝的なもので早い人だと10代から。
取りやすい
遺伝的なものなので
わずかな紫外線で再発しやすい


肝斑

両頬に広がり、色がくすんだように見えるシミ。

レーザー治療をすると悪化する可能性がある

対策としてはトラネキサム酸、ビタミンEと
ビタミンCをとるのが効果的。


老人性色素斑

 

老人性色素斑は紫外線の影響が一番あるといわれていますが、
火傷やにきびの痕などが炎症のきっかけになることも。
老人性色素斑はレーザー治療が効果的。

40歳以降の人は誰でもあります。

老人性色素斑にはレーザー治療が効果的。



シミの種類は経験のある医師でないと
見分けは難しいそうです。

シミの診察は多くは自由診療ですが
病院でシミの種類を見分けるだけなら
3000円~5000円くらいとのこと。

レーザー治療のようすと経過

これから頬のシミをレーザー治療で除去するという桑原さん。

スポンサードリンク

レーザー治療では、肌の奥にあるメラニン色素を含む細胞を
ピンポイントで破壊します。

範囲がくっきりしているシミに効果的。

機械から強い光がでるため、目をまもるため
目隠しをして開始。

細いペンのような器具でしみに少しずつレーザー光を当て、
冷やして終了。

ただし治療を受けてもすぐに消えるわけではなく
数日たつとかさぶたになります。

それがはがれることでシミがいったん消えます。

しかし人によってはシミになった部分が
一時的に茶色くなる場合もあり
完全にきれいになるには平均3ヵ月ほど
かかるとのことです。

その間は紫外線に当たらないように気を付けます。

費用は今回の場合1万7千円ほどとのことです。


IPL(光治療)の様子と経過

そばかすと老人性色素斑があると診断された
杉山さんはIPL(光治療)で取り除くことに。

冷却ジェルで顔全体を冷やしながら行います。

シミが濃いところほど反応するため、
痛みが出ます。

10分ほどで終了。

治療直後は肌に少し赤みがかかった状態になり
1週間ほどでシミがかさぶたになって取れていきます。

ただし、IPLは、1度だけでは効果が限られるため
数回繰り返すことでシミが薄くなるのだそうです。

保険が効かず自由診療のため医療機関によって異なりますが
1回1万~数万円のところが多い。

費用は今回の場合こちらも1万7千円ほどとのことです。

繰り返しやることでも、皮膚がダメージを受けることはなく、
逆に活性化して、アンチエイジングにもなるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ