【ハナタカ】塾講師の先生の子供がしている勉強法!

勉強、仕事

2019年4月18日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

塾講師の先生の子供がしている勉強法を紹介。

スポンサードリンク

東大生が小学生の時にやっていた習い事

東大生が小学生の時にやっていた
習い事ランキング第1位はスイミング。

全体で31%なのに対し、東大生は60%。

水中での活動が算数の図形問題を解くのに生きる
脳の空間認知機能を鍛えるとのこと。

スポンサードリンク

家の中での勉強場所

家での勉強は個室でなく、リビングなどですると良い。

見られている感覚があり、周りに誘惑物が少ないため
集中できるとのこと。

暗記物のタイミング

暗記物は寝る前にやると良い。

人間の脳は寝ている間に記憶を整理して
定着させるため、
寝た直前に覚えたものを
寝た直後に整理できるため効果的。



大人でも実用できる暗記法

暗記のため自分の声を録音して聞くと良い。

録音することによって違和感のある自分の声で
何度も聴けるため、記憶が定着しやすい。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ