【たけしの家庭の医学】心臓の老化ストップGLP-1を増やすにはアーモンドを食べる!根菜類も

アーモンド

2019年4月23日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の
心臓の老化を止める科

心臓の老化を止めて健康長寿が期待できる
夢の物質“GLP-1″とは!?

お手軽食材で“GLP-1″を
しっかり分泌する方法も大公開!

スポンサードリンク

心臓の老化ストップGLP-1

加齢とともに進む心臓の老化。

しかし、心臓の老化を防ぐ可能性がある方法が
ついに判明しました。

それが心臓の老化ストップ物質GLP-1。

GLP-1と心臓の関係に注目し、
研究を開始している名医、坂東泰子先生によると、
心臓の老化ストップ物質GLP-1は、
誰の身体にも存在する「ホルモン」の一つ。

GLP-1は食事をとると分泌量が増えるのですが、
人によってしっぱり分泌できている人と
そうでない人がいます。

GLP-1の増やし方

坂東先生によるとGLP-1を増やす
重要なポイントは
食べ物の種類と食べる時間。

GLP-1を増やす食べ物は
適度な糖質と不溶性食物繊維が
含まれる食べ物を取るとよいことが
わかっています。

スポンサードリンク

適度な糖質と不溶性食物繊維を
含むおすすめの食べ物は根菜類。

また、食べる時間は3食の食事を
いつも同じ時間で食べることも重要です。

小腸が定期的に刺激されて
より多くのGLP-1を分泌してくれます。

しかし、根菜類をいつも同じ時間に
食べるのはのはなかなか難しいもの。

そんな時は、アーモンドです。

外出しているときなどは
アーモンドを持参して
食べるようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ