【家庭の医学】ひざ痛改善に太もも力こぶ運動のやり方!

2019年4月23日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の
ひざ痛を解消する科

ひざ痛改善に太もも力こぶ運動のやり方の紹介!

スポンサードリンク

ひざ痛の原因

ひざ痛の原因はいままで関節の軟骨の
すり減りだと考えられてきました。

しかし、近年の研究で慢性的なひざ痛は
別の場所に原因があることがわかりました。

池内先生によると軟骨がすり減っても
ひざ痛を感じる人と感じない人がいるとのこと。

池内先生によると慢性的なひざ痛の原因は
脊髄にあるといいます。

脊髄の役割は脳の指令を末端に伝えること
と痛みの信号を脳に伝えること。

脊髄の機能が異常をきたすと
小さな刺激でも強い痛みに変えて脳に伝えます。

ではどうすれば脊髄の異常を治し
ひざ痛を抑えることができるのか。

池内先生によると筋肉を動かすことが大事だといいます。

池内先生のおすすめは太もも力こぶ運動。

太もも力こぶ運動のやり方

太ももに力こぶを作るイメージで行います。

1.浴槽の背もたれにもたれかかる。

2.反対側の壁に両足をぴったりとつける。

※足が届かない人は背中に桶などを挟んで調整する。

3.両方の足に力を込めて壁を押す。

4.5秒押したらゆるめる。

これを20回ほど繰り返す。

早い人だと2~3日で効果が出てくるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ