【主治医が見つかる診療所】よこ笛呼吸法&脇腹ストレッチで肺が若返る!

スポンサードリンク

呼吸法、瞑想、ヨガ

2019年4月25日放送の「主治医が見つかる診療所」は
専門医が緊急警告!肺が若返る呼吸の新常識SP

肺を若返らせる
よこ笛呼吸&脇腹ストレッチの紹介!

スポンサードリンク

肺年齢が高い人の共通点

山王病院の奥仲哲弥先生の本↓

肺の健康を測るものは肺活量といわれています。

しかし肺活量が基準値以上でも
肺年齢が実年齢をオーバーしている人が多数。

奥仲哲弥先生によると
肺年齢が実年齢をオーバーしている人には
共通点があるといいます。

それは息を正しく吐けていないこと。

息を正しく吐けている人は
自然に多くの息を吸い込むことができ
深い呼吸ができます。

しかし、正しく息が吐けていないと?
肺の中の一部の空気しか交換できず
簡単に疲れたり息が切れてしまいます。

息を正しく吐くためには、1秒量を上げることが重要

スポンサードリンク

1秒量とは大きく息を吸い込んで一気に吐き出す時に、
1秒間で吐き出せる空気の量のこと。

奥仲医師オススメの深呼吸

深呼吸をするときに、
大きく息を吸ってから吐く人も多いですが
正しい深呼吸は息を全て吐き出してから吸います。

奥仲先生によると深呼吸は空気を吐ききれば
空気は入ってきます。

これが本当の深呼吸だといいます。

呼吸筋とは

肺そのものには筋肉がないので
自分で膨らんだり縮んだりできません。

その代わりに肺の周りにある20種類以上ある筋肉で、
肺を動かしています

その中でも肺年齢の若返りに重要な筋肉は

①横隔膜
みぞおち付近にある膜状の筋肉。
横隔膜が上下することで呼吸ができます。

②肋間筋
肋間筋とは肋骨と肋骨の間にある筋肉。
おもに息を吐くときに使います。

よこ笛呼吸

横隔膜を柔らかくほぐす呼吸法

1.口を横に広げて薄く開く。
※よこ笛を吹くときのような口の形にする

2.10~15秒かけて息を吐き出す。

3.吐き切ったと感じてからさらに
息を吐きながら上半身を前に倒す。

3.口を閉じ、鼻から5秒かけて息を吸う。

肺年齢の若返りが期待でき
代謝がアップし痩せやすい体にもなります。

信号やえれべたーを待っているときなど
普段の生活の中で行うと効果的。

脇腹ストレッチ

肋間筋を柔らかくするストレッチ

1.背すじを伸ばして椅子に座る

2.片手を頭に片手を脇腹におく

3.頭に置いた手を息を吐きながら傾ける

4.息を吸いながらゆっくり体を戻す。

5.反対側も同様に行う

※肩甲骨の下のあたりを手でほぐすと
さらに効果が増すとのことです

コメントを残す

このページの先頭へ