【世界一受けたい授業】不足すると太る栄養素とは?脂質、糖質、ビタミン

お尻、ウエスト、ダイエット、女性

2019年4月27日放送の「世界一受けたい授業」

あなたが太っているのは栄養不足のせい?
慈恵医大病院栄養士が
不足すると太る3つ栄養素の紹介!

スポンサードリンク

不足すると太る栄養素

話題の本
「あなたが太っているのは、栄養不足のせい 
慈恵医大病院栄養士の正しくヤセる食べ方」に学ぶ
不足すると太る3つの栄養素とは?

著書は濱裕宣先生と赤石定典先生。

食事に気を使っているのに
なぜか太ってしまう原因は
栄養不足にある可能性があります。

3つの不足すると逆に太る栄養素

脂質

脂質はダイエットの敵と考えられがち。

しかし、脂質は食べてもそのまま脂肪にならず、
たんぱく質・脂質に比べて消化が遅いので
食後の満腹感を継続させる効果があります。

逆に脂質が不足すると満腹感が得られず
間食などにはしってしまう可能性も。

脂質を摂るのにオススメな食材が「さばの缶詰」です。

さばの缶詰には、不飽和脂肪酸のEPAが豊富。

スポンサードリンク

このEPAは、人間の体内では作られない必須脂肪酸で、
体の余分な脂肪や中性脂肪を減らしてくれるので、
太りにくい体作りには効果的です。

さばの身だけでなく、
汁にもEPAが流れ出しているので、
汁までしっかり利用する事が重要です。




糖質

糖質は米やうどん、チョコレート、フルーツなどに
含まれています。

糖質はブドウ糖に分解され、体を動かすエネルギー源ですが
過剰に摂取すると脂肪として蓄積され太る原因に。

しかし、過度な制限もおすすめできません。

痩せるには基礎代謝を上げるのが大事ですが
実は肝臓・筋肉と同ぐらい脳も糖質を
エネルギー源にしています。

頭を使った時などに適度に糖質を取ることで
脳の代謝が高まり消費エネルギーがアップします。

食べる目安は1日板チョコ半分、キウイ1個ほど。



ビタミン(特にビタミンB1)

ビタミンB1は豚肉やうなぎに多く含まれる栄養素。

ビタミンB1は特にお酒を飲む人、運動をする人が不足しがち。

ビタミンB1は糖質の代謝に関わる栄養素で、
不足すると糖質がエネルギーにうまく変換されず
脂肪として蓄積してしまいます。

先生オススメの食事は豚肉の生姜焼き。
生姜焼きの玉ねぎはビタミンの吸収率を10倍にするため
脂肪の蓄積を防いでくれます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ