【ヒルナンデス】耳たぶ回しのやり方!肩こり改善に!美顔にも

肩こり

2019年4月29日放送の「ヒルナンデス」は
森三中と滝アナの「森四中」に、
藤田ニコルが加わった「森五中」が
女性のお悩みを解決していくコーナー。

今回のテーマは多くの女性が悩む『肩こり』。

ここでは歯科医師 佐藤青児先生の
耳たぶ回しののやり方の紹介!

スポンサードリンク

歯科医師の佐藤青児先生

佐藤先生は肩こりなど身体のケアに関する本を
10冊以上出版し、累計20万部以上の売り上げと
なっています。

スポンサードリンク

耳たぶ回しのキッカケは
顎関節症の治療からでした。

顎関節をゆるめたら肩こりが
とれたのだそうです。

顎関節症とはあごの筋肉が硬直して
開きづらくなる症状のこと。

そのあごの筋肉の緊張を取るために
佐藤先生が考案したのは「耳たぶ回し」。

あごと耳たぶは筋膜で繋がっているため
耳たぶをほぐすことで
あごの筋肉が緩めるのが狙いでしたが
なぜか方のコリも緩んでいったのだそうです。

そして顎と耳たぶだけで半句
耳たぶと方も筋膜でつながっていることに
気づいたのです。

耳たぶ回しのやり方

1.左手で左のほほに優しくふれる。

2.耳たぶを触るか触らない程度のごく弱い力で
耳をつまみ後ろ回しに10回ほどゆする。

※耳たぶ回しの最中は
力を抜くために「小顔で肩ラク」と唱える

3.首元に左手を置き、おなじように耳たぶ回しを10回ほど

4.左手を胸に置き左肩を軽く10回ほど回す

※1日1回やるとだいぶ違ってくるそうです。



そのほかの肩こり解消法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ