【名医のTHE太鼓判】脂肪を落とすお茶しゃぶしゃぶのレシピ!茶殻おひたしも

緑茶、お茶

2019年4月29日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
名医が教える健康料理ベスト10

ここでは脂肪のサビを落とすことが期待される
お茶しゃぶしゃぶ&茶殻おひたしのレシピの紹介!

スポンサードリンク

脂肪のサビを落とす方法

脂肪が酸化した状態の「脂肪のサビ」を落とす
効果的な方法があるといいます。

「脂肪のサビ」を落とす栄養素はビタミンE 。

ビタミンEの抗酸化作用が脂肪のサビを
溶かすように落としてくれるといいます。

お茶はビタミンEの量が食品中トップクラス。

がん死亡率が低い掛川市のお茶農家では、
鍋に緑茶を入れて豚肉をしゃぶしゃぶする
食べ方をしていました。

緑茶は豚肉の脂を落とすので効果的。

科学的にも
豚肉に含まれるたんぱく質が
お茶のビタミンEの吸収率をアップするので
より硬質的にビタミンEが摂取できるのだそうです。

スポンサードリンク

また、ビタミンEは熱に強いので
しゃぶしゃぶにしても壊れないのだそうです。

お茶しゃぶしゃぶのレシピ

『材料』
緑茶

お湯

豚ロースの薄切り肉

お好みの野菜

ポン酢

ごまだれ

『作り方』
1.緑茶を鍋の半分ぐらいまで入れて火にかけ、
蓋をして沸騰させる。

2.豚ロースの薄切り肉や
お好みの野菜をしゃぶしゃぶして
ポン酢やゴマダレなどをつけていただきます。


茶殻おひたしのレシピ

1.急須から使った茶殻を取り出し、器に入れる。

2.醤油・鰹節を加えて混ぜればできあがり!

茶葉をたべるとお茶の栄養素を
およそ7割もとれるので、
この食べ方は効果的だとのことです。



この日の名医のTHE太鼓判のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ