【サタデープラス】洋風かき揚げのレシピ!夏目漱石も愛した神田神保町の鎖国メシ

わらじとんかつ定食

【イメージ】

2019年5月4日放送の「サタデープラス」

ウド鈴木さんが”神田神保町”で
地元民のみぞ知る至極の”鎖国メシ”探し。

ここでは夏目漱石も愛した
「洋風かき揚げ」のレシピの紹介!

スポンサードリンク

松栄亭の洋風かき揚げが

「洋食 松栄亭」は明治40年創業の老舗洋食店。

ここでは夏目漱石も食べたという
洋風かき揚げが食べられるとのこと。

洋風かき揚げの生地は卵と小麦粉だけで
作っているので濃厚でふんわりしている。

自家製ラードで揚げるため、
表面はカリッと香ばしい。

洋風かき揚げは
夏目漱石が何か変わったものが
食べたいとリクエスト。

ありあわせの材料で作ったのが始まり
なのだそうです。

♪————————-♪
お店:洋食 松栄亭
住所:東京都千代田区神田淡路町2丁目8
 ♪————————-♪



洋風かき揚げのレシピ

『材料』(2人分)

豚細切り肉 150g

玉ねぎ 1/4個(70g)

卵 4個

塩 少々

小麦粉 1カップ強

ラードもしくはサラダ油 適量

千切りキャベツ 適量

『作り方』
1.豚肉は細切りに、玉ねぎは粗みじん切りにする。

2.①をボウルに入れ、卵と塩を加え菜箸などで
混ぜ合わせる。

3.全体が馴染んだら小麦粉を入れサックリと混ぜる。

※生地のかたさは耳たぶ程度。

4・揚げ油を160℃に熱し、お玉などで③の生地をすくって
鍋肌からいれる。

フライパンの端を使って、形を整える。

5.表面が固まったら140℃の低温で
20分じっくりと揚げる。

6.⑤をお皿に盛り、キャベツを添えてできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ