【世界一受けたい授業】首の老化を予防する腕クロス体操のやり方!老けない体を作る

ストレッチ、体操、伸び

2019年5月4日放送の「世界一受けたい授業」は
令和日本に迫る9つの危機2時間SP

第4位は肌の老化。

老けない女と疲れない男。
美しく年を重ねる方法。

小林弘幸&尭子先生夫婦が
教えてくれました。

ここでは首の老化を予防する腕クロス体操の紹介!

スポンサードリンク

小林弘幸&尭子先生夫婦

教えてくれるのは長生きみそ汁でおなじみの
小林弘幸先生。

さらに奥様で医師の尭子先生。

首の老化

首の皮膚は薄く、頬の2/3程度です。
そのためシワやたるみができやすい。

頭や首周辺には沢山のリンパ液が流れています。

リンパ液が滞ると首がむくみ、
シワの原因に。

そんな首のケアをする時に重要なのが、
首そのものではなく、
僧帽筋そうぼうきんをほぐすこと。

僧帽筋そうぼうきんをほぐすと首まわりにあるリンパの
流れが良くなり、肩こりなども軽くなります。

首の老化を予防する腕クロス体操

1.足を肩幅ほどに開く

2.両腕を床と平行になるように前に出す

3.その腕をクロスさせる

4.この状態から肩を前に動かす動きを10回、
後ろに動かす動きを10回する

これを1日2セット行います。

直接首を動かしたりしなくて大丈夫?
と思いがちですが、首のケアは、
原因を引き起こすおおもとを改善することが、
大事。

クロスすることで左右の肩を
バランスよくほぐすことができるようになります。



この日紹介された小林先生の美しく年を重ねる方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ