【がっちりマンデー】ワークマンの高性能&激安の理由!フランチャイズで売り上げを伸ばす

2019年5月12日放送の「がっちりマンデー!!」は
「ワークマン」激安ガテン系の殿堂を総力特集!

ワークマンの高性能&激安の理由や
フランチャイズ方式で売り上げを伸ばしている
秘密について紹介!

スポンサードリンク

ワークマン

ワークマンはガテン系御用達のお店ですが、
近年ではユニクロの店舗数を超え、
売上も右肩上がり。

ワークマンの魅力といえば豊富な品揃え。

そして、ワークマンの人気のヒミツは安さと高性能。

【ニトリルゴム背抜き手袋】

これを付ければ刃物を握っても手が切れない。



【空調風神服】

こちらの作業着は後ろに扇風機があり
熱中症から守ってくれます。



【セーフティーインソール】

解体の現場に欠かせないのが
セーフティーインソール。

普通の靴にこの中敷きを敷けば
釘を踏んでも怪我をしない安全な靴に。



【ズボン】

ナイロンのズボンが税込み499円。



【厨房用シューズ】

スポンサードリンク

ワークマンの凄いのはこの安さにもかかわらず、
驚くほど高機能。

例えば累計販売数15万足の大ヒットとなった厨房シューズ。

油を引いた坂でも登ることができ、
その性能の高さからママさんたちにも人気。



【綿ヤッケ】

テレビで紹介されていたのとは少し違います↓

売上2位の「綿ヤッケ」は溶接向けの作業着ですが、
キャンプする人たちの間で人気があるとのこと




【ポロシャツ】

安くて高性能。

高性能&激安を維持している理由

高機能なのに激安。
一体なぜこんなに安くできるのか?

商品部の季彦さんは商品を
中国に発注する仕事を行っていました。

中国の工場には繁忙期と閑散期があり、閑
散期にオーダーすると10%は安くなます。

作業服は何年先までも売れるので、
大量発注できます。

普通のアパレルメーカーは
多くて年1万着の発注ですが、
ワークマンでは年350万着を発注し、
値引き交渉も行えます。


フランチャイズ方式

ワークマンは全国に839店舗を構え、
ユニクロよりも店舗数が多い。

その大きな特徴がフランチャイズ方式で、
売れれば売れるほど自分のもうけが増えます。

埼玉県秩父市の秩父影森店は
30年連続で売上げが1億円を突破。

ワークマンのオーナーは、
ご近所づきあいのようなコミュニケーションで
固定客がつきやすいという理由で、夫婦が原則。

秩父影森店では他の店舗にはない
スパイク地下足袋が馬鹿売れしているとのこと。

秩父は林業が盛んなので、
「チェンソー専用の手袋「しんげんくんプロ」など、
地元の産業に合わせて品揃えを変えているとのことです。

【しんげんくんプロ】

飲食店などはフランチャイズだと自分で店を建てるが、
ワークマンは土地を見つけるのも店を建てるのも本部の役割。

そして店ができたらオーナーを募集し、
見つかるまでは本部が営業。

オーナーは出店費用がかからないので、
初期費用は350万円と格安。

ワークマンは利益の6割が本部、
4割がオーナーになるとのこと。

普通のフランチャイズは売上が伸びると、
本部の取り分が増えるが、
ワークマンは割合が固定されており、
稼げば稼げぐほど儲かるのだそうです。

また、ワークマンには懸賞金があり、
年1億円の売上で10万円、
これが10年連続続くと20万円となるのだそうです。

その他の懸賞制度は7つほどあり、
一番もらえると300万円以上となるのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ