【相葉マナブ】新玉ねぎの玉卵丼のレシピ!千葉県白子町

新玉ねぎの玉卵丼

2019年5月12日放送の「相葉マナブ」は
マナブ!旬の産地ごはん~新玉ねぎ~

今回は、千葉県の長生郡白子町で、
今が旬の“新玉ねぎ”を使った絶品料理を
地元農家の奥様方に学びます!

ここでは玉卵丼のレシピの紹介。

スポンサードリンク

千葉県白子町の新玉ねぎ

白子町の新玉ねぎは、
この時期にしかとれない期間限定の野菜。

温暖な気候とミネラル豊富な土壌で育つため、
肉厚で糖度が高く、甘くてみずみずしい。

そこででおいしい“新玉ねぎ”を使った
絶品料理を教えていただきます。

玉卵丼のレシピ

新玉ねぎの玉卵丼

スポンサードリンク

肉がなくても簡単にできる
玉ねぎと卵のシンプル丼。

玉ねぎから水分が出るため、
水を使わないのがポイント。

『材料』(1人分)
玉ねぎ →小1玉(約150g)
卵 →3個
しょう油 →大さじ1と1/2
酒 →大さじ1
砂糖 →大さじ1
刻みのり →適量
ごはん →150g

『作り方』
1.玉ねぎを5mm程にスライスする。

2.鍋に、玉ねぎ、しょう油、酒、砂糖を入れ、
中火にかけ蓋をする。

※新玉ねぎから水分と甘みが出るので
水もダシも使わず作る

3.玉ねぎの水分が出てきたら、
溶き卵を入れて再び蓋をし、さっと火を入れる。

4.卵が半熟程度になったら、ごはんに乗せ、
刻みのりをかけてできあがり!


新玉ねぎレシピのまとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ