【たけしの家庭の医学】イワシのホイル焼き&漬け丼のレシピ!EPAやDHAを効率よくとる

いわし、イワシ

2019年5月14日放送の「たけしの家庭の医学」の
いま食べるべき旬の食材「5月の医食旬材」はいわし。

イワシの漬け丼&
イワシのホイル焼きのレシピの紹介!

スポンサードリンク

EPA DHAを効率良く摂るイワシの調理法

いわしは5月にDHA、EPAなどの栄養素が増えます。

少ない時期に比べてEPAは7倍、DHAは1.5倍にもなるとのこと。

DHA、EPAは
・血圧が高めの方
・血糖値が気になる方
・血管の老化が気になる方
などにおすすめ。

5月の医食旬材の食材はイワシ。

料理の仕方により効率よく摂る方法は2つ。

病態栄養専門管理栄養士の
高橋徳江先生に教えていただきます。

EPA DHAを効率良く摂るイワシの調理法。

1つ目はイワシの刺身。

九十九里町では刺身をアレンジ。
イワシの漬け丼として食べます。

2つ目はイワシのホイル焼き。

スポンサードリンク

旬のイワシにはカルシウムも豊富。
レモンを絞るとカルシウムの吸収率アップに。

イワシの漬け丼のレシピ

『材料』
イワシ

(A)

しょうゆ 100cc

みりん 10cc

しょうが 少々

にんにく 少々

『作り方』
1.しょうゆ、みりん、しょうが、にんにくで
漬けダレを作る。

2.イワシを①に漬け込む。

3.温かいご飯にのせてできあがり!

イワシのホイル焼きのレシピ

『材料』(1人分)
イワシ 2尾

にんじん 10g

小松菜 10g

玉ねぎ 30g

しめじ 20g

塩コショウ 少々

バター 10g

『作り方』
1.アルミホイルの上に、適当な薄さに切った、
玉ねぎ、しめじ、小松菜、にんじんをのせる。

2.さらに開いたイワシを①にのせ
アルミホイルに包む。

3.フライパンで蒸し焼きにすればできあがり!




【たけしの家庭の医学】便秘改善に腸が開く簡単リラックス法!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ